スポンサーリンク
スポンサーリンク

子どもに振り回された日のおはなし

子どもに振り回された日のおはなし こども・家族

楽しいひとときはあっという間で
旅行は終わってしまったのですが

その後も2日間休みがありまして。

てか休んだった~!ってやつ(笑)。

平日の休みはなかなかないので
いろいろやるで~
と計画していたのに
またもや恐るべし休日・・
なにもせずに終わってしまいました。
(一生これか(笑))

旅行の次の日はゆるりと掃除をして・・

のはずやったんです。

ムスコは朝から専門学校。
宿題があったらしく
朝6時に起きて必死のパッチ。
てめー、大枚はたいて入ってんねんから
もっとまじめに早めにやれよ!!

で、ムスメは・・・
学祭で、クラブへ・・・

しかしだ~~~

前日の夜から

ムスメ
ムスメ

キーボード持っていかなあかんくて重いからさ
駅まで送って~

と言うとったんですが

私が休みって知ってる日はこの方
大学まで送っていってくれるやろうとふんでいるんです。
まちがいない。

makko
makko

大学まで行ったほうがええんやろ~

と言うと

ムスメ
ムスメ

いやいやそれは遠いからいい!!!

最寄り駅まででええのでよろしく!

って言っておりましたが

案の定、準備をしていたら
約束の1時間前を過ぎておりまして

どう考えても車で行く気やん。

makko
makko

電車、もう間に合わんのちゃうの?

と聞いたら

ムスメ
ムスメ

ああ~ヤバイヤバイ~

大学まで送ってくれる?

って( 一一)

やっぱりやん。

というわけで、ギリギリに出まして
高速とばして大学へ。

車で化粧をするムスメ。
おいおい全然電車に乗る気なかったやろきみ。

実は家を出る前にもうひとつ山があった

ということで
ムスメを大学まで送っていったんですが

実はムスメと一緒に家を出る前に
もうひとつ山がありましてん。

それは、専門学校の宿題を終えて
専門学校に行くのに
家を出ようとしたムスコが

ムスコ
ムスコ

そうそう、お母さん。

先週のゼミの日からパソコンの電源が入らんようになってしまってん。

いろいろ方法があるらしくてためしてみてんけどだめで。

今日、僕、1日中専門学校やから、お母さん、アップルに電話して

対処法聞いてみてくれへん?

って~~~

おいおい~~

先週のゼミの日って、6日前ですよね?
そして、この次の日(つまりあした)もゼミがありますよね?
それまでに課題があってやらなあかんかったですよね?
明日ですよね??????

パソコンの電源が入らなくなって
5日間いったい何をしとったんですか?

えらいこっちゃどうにかしなくちゃと
あせらんかったんですか?
アップルに電話もできたのでは??

ゼミの前の日になってそれはないんじゃないかいな?

とあきれつつも
ムスメも送らなあかんしと

makko
makko

わかった!もうそこにおいといて!

アップルに電話するから

パスワードだけ書いておいといて!

と、言い捨てて・・・

家を出たんでした・・・・・・チーン。

その後、ムスコは専門学校へ行ったようで。

というわけでいきなり忙しくなるワタシ

なので、とりあえずアップルのHPで
サポート情報を。

今は、予約しておいたら
予約した時間にアップルから電話かけてくれはるねんね?

つまり、電話して延々と待たなくてよし。
すげーぞアップル。

で、昼すぎに電話予約して
そしてムスメを大学に送り
帰りもゆっくりできないので
高速で帰ってきて
アップルの予約時間まで
1時間半だけあったので
ドラッグストア、パン屋、クリーニング屋、図書館
おそるべしタレント並みのはしご・・・!!!

そして家に帰って
アップルから電話!!!

昼食をかきこみながら
アップルと電話~・・・!!!!!

アップルの担当者の方が
あれこれいろんな提案をしてくださり、
あれもこれもそれも全部試してみたけれど
どうやったって電源はもう入らん!!!

こりゃ修理しかないですね・・とアップルさん。
まじっすか。

修理持ち込みは、カメラのキタムラやビッグカメラでもできるけど
修理に出す前に
店舗の方が一度みてくれるので
そこで、運よく電源が入る場合もあると
アップルサポートの方のお優しい言葉。

ならば、そりゃもう店舗のひとが
一番詳しい方のほうがいいからと
近所のキタムラやビッグカメラでなく

心斎橋のアップル(ジーニアスバー)を予約!!!!!

店舗の方がいろいろ試してくださり
電源ついた!!!
ってなることに一縷の望みをかけまして。

そりゃもう天下のアップルさんやから!!!!

makko
makko

いまからすぐ出て心斎橋いきます!

1時間後に予約とってください!

ってアップルの方にお願いして
とってもらいまして。

ソッコー準備して家を出る!!

はるばる心斎橋へ~~
電車を乗り継いで。

いやもうなにがうれしくて
この貴重な休みに
心斎橋という大都会へ出て行かねばならぬ。

しかし!

ムスコのゼミは明日!
課題は山盛り!
彼は今日は専門学校に缶詰!
仕方ないではないか・・・・・!!!!

行きましたよアップルへ。

そしてパソコンの死刑宣告

おしゃんなアップルの建物。
何度来たことか。

到着し、しばらく待ったら
とっても親切なアップルの方が
ムスコのパソコンを見てくださいまして

またさらにいろいろな方法で
ムスコのマックの電源を入れようと画策してくださいまして。

しかーし!!!

どうやったってうんともすんともいわんムスコのMacBookちゃん。

いやもうこりゃ仕方ない。
修理しかないと・・

ムスコに連絡をとったら
仕方ないからもう修理に出してくれと

明日のゼミはもうどうしようもないので
先生にメールしたからと。
すると先生が、学校のiMacを貸し出せると言ってくれているしと。

はい~?

iMacって借りられるん?

あんなでかいモニター、どうやって持って帰るねん?
破損したらどうすんねん?

と思いながらも
修理に出すことを決定したんでした・・・

しかしながら
その後、アップルの人が
言いにくそうに驚くべきことを私に告げたのでした。

つづく・・・(力尽きた・・)

+7

コメント

タイトルとURLをコピーしました