スポンサーリンク
スポンサーリンク

それでも子どもにイライラすることはある。

こども・家族

子どもは思うようにいかん!
って話、
本当にそう思うんですけども
それでもいまだに
毎日毎日、
神様は私をためしているのですか?
というくらいにいろんなことがあるんです。

いやほんまに。
子どもとの関係とは
永遠の課題ですな。ほんま。

1、イライラすることは突如勃発する。

いや~ほんまね。

高校で突如パリピに変身して
いっこも勉強せーへんようになったり~
浪人したり~
大学で麻雀を覚えたり~
留年したり~
いろんなことがあって
どんなときも

どうなるん!?

ホンマに大丈夫なん!?

って思うたびに
イライラ悶々として

ああ、そうそう、
子どもは思い通りにならんもんやねんから
余計なことは言わずに
そこは知らん顔して

北風と太陽の

太陽のごとく

過ぎ去ってしまえば、
あとでいろいろ
子どももそのときに考えていたり
試行錯誤していたりしたんだな~
ということを知るから

とにかく黙る。

を心がけているわけですが

それでもやっぱり
何日も何日も
同じことを思っていると
我慢できなくなって

イライラが爆発!!!

っていう(笑)。

結局偉そうなことを言っても
その繰り返しで
まぁ私も成長ないわ、と
自分で笑えるんですがね。

ここのところもね~

留年したムスコはとうとう4回生でして
就職は決まったものの
残った単位を取るだけなので
週に3回。
つまり3つしか授業がないんです。
2時間続きの授業もあるとはいえ、3つです。

まぁ時間がたっぷりあるのもあるし
入社したら資格が必要になるからと
大学授業料の1年分と同じくらいの学費が必要な
資格専門学校に入ったんです。
4月にね。
来年の試験のためなので、
1年以上の学びとなるようなんですけども。

高価なものは買ってあげるつもりはないけれど
身につけるものは
自己投資やから

私が親にしてもらったと同じように
そこは「お金が」であきらめてほしくないので
まぁ出したわけです。
(とはいえ、これは必ず返すとムスコは言うとりますが。
私もそこは受け取るつもりですが。
なので「出してあげた」とは言えんけども、
ほんまにちゃんと返金されるまでは言ってもええでしょう(笑))

しかしだ。

意外にゼミの課題も大変だし
専門の授業の課題もなにかしらいろいろあって
思ったよりは学校が忙しいらしく

資格学校に!

全然行かん!

4月で行ったのは、1度か2度か・・・
ビデオ授業らしいから
家で受けた授業も1つや2つはあるようやけど

でも!

そのレベル!!!
いやいやちょっと待てよ!!!!
あの高額な授業料を見て

ムスコ
ムスコ

これはもうちょっと高すぎるな!
本気でやるで!モチベーションあがってる!!

と言うてなかったかい?キミは。

いやまじでさ。

で、何度か

makko
makko

あんたさ、授業料払ったけどさ、
全然学校行かへんやん。
いったいどうなったんよ資格学校は。

って言うたんですが(それもだいぶ我慢した上での話!)

ムスコ
ムスコ

いやわかってるって!何個か受けたし。
わかってるねん。やらなあかんと思ってるねん。
でも授業が忙しくて。

けどな、本当にわかってるねん!僕も思ってるねん!

だからもう言わんといて!わかってるから!

ってめっちゃ機嫌悪なるやん。

ま、そうか、わかってるわな。自分でも。そりゃそうだ。
そこで私が言うてしまうからな。
これまででようわかってるやん。
子どもはちゃんとわかってるし、そうやって親がやいやい言うことで
信用されていないことも感じるから
マイナスにしかならんのやん。

と、思い直し。

大丈夫。いままでもこうやって
どうなってんねん!?と思っていても
結局なにかしら自分なりに頑張ってやってきてたやん。

って思うものの~~・・・・

見た目が変わらないとやっぱり数日たったらまた

どうなってんねんいったい!

ってイライラがつのるというこの未熟さよ。
いやでもな、ほんま、そりゃそうやで。

2、いや待って。イライラしたらあかんのか?

よう考えたらさ、
イライラしてあたりまくるんじゃなくて
ちょっと見守ってみようよ、と自分に言い聞かせて
様子を見て

前のようにムスコにそれをぶつけると
ムスコは機嫌悪くなって
結局悪循環になるから
やっぱりこれは黙っておくべきか・・・

と考えていてふと

いやいやちょい待って~!

お金出してん親やんか!
なのに、それに対して
「どうなってんねん!」
って言うのを我慢する必要ある?
私ら親は、
毎日それを言うてもいいくらいの権利はあるんちゃうの?

私らが必死に働いたお金をつぎ込んだ
それはどうなってんねん?

ってなんぼ言ってもいいんちゃうん?

なんで気を使う必要がある?

って、自問する。
うん。それも確かに。ってか、それは確かに。ねぇ。

3、そしてやっぱり言う(笑)。

で、悶々としていたところに
バイトからご機嫌で帰ってきたムスコを見て

こんなに私がイライラしてんのに
そののんきさ、どうよ!
って
さらに苛立ち

つい言ってしまう。

makko
makko

今日も資格学校行かんかったん?

いったいどうなってんのよ!

イライラしていることはそれだけじゃないから、
一言言うと、どんどん出てくる。

makko
makko

そもそもさ、学校の授業も3つしかとってないやん?

学費から換算すると、1日2万円弱の授業料ってことになるんよ?

たった1時間か2時間で2万円やで!

妹の習ってるピアノの月謝は7000円やで!4回で。

なのにあんたはたったの1回で2万円やで!

それどうよ!!!!!!!

makko
makko

そもそも、わかってるから言うなって言うけど、
お金払ってるんは私やねんから
それを言う権利はあるんちゃう?
毎日言うたっていいんちゃう?
あんたは文句言える立場じゃないんちゃう?

と(笑)
なぜそれをまとめて言うねん、って自分でも思いながら
全然止まらん。

するとムスコはまたしても、顔が曇り

ムスコ
ムスコ

いやなんなん突然に?

だからもうわかってるって言うてるやんか!

帰るなり、なんなんその話。

と、険悪ムードに。

まぁそうなるわな。

なんていうんかな~
イライラしているとき、その張本人の相手がご機嫌だと
余計に腹立つってやつ。

ご機嫌なときに
急に母親が機嫌が悪くなる、
って経験、私もありましたけど
こういうことやったんやな(笑)。
こっちが機嫌がいいのに
いきなり水を差すようなことを言う母親、
ほんま最低!
って思ったことがあるのを思い出しました…(笑)

ごめんよお母さん(笑)。

いまならあなたの気持ちがわかる。

そのまま、ムスコは部屋に戻ってしまいまして
私もイライラをぶつけたものの
全然すっきりもせず
むしろいやな気持ちがそのまま残り
あ~あ、もう、どうすればよかったんよ!?

と思いながら眠りについたんっす。

4、そして結論。

で、次の日だったかその次の日だったか

仕事から帰って

makko
makko

今日はどうやった~?

オンライン授業やったんやっけ?

って聞いたら

ムスコ
ムスコ

そうやで~。今日は学校の授業のあと、資格学校の授業受けたで!

学校はちょっとめんどいから行かんかったけど

まだ動画授業やから、家で受けたで。

2時間分まとめて受けたで。

これで来月末までに、基礎の授業は1周できるはずやねん。

どう受けていくか計画立てたから、その通りにやっていこうと思ってるねん。


やって!
まじで?

いやそうやねん。

結局。

子どもじゃないねんから
どんだけ大金かもわかってるから
なかなか進められないことは
自分でもイライラしていたはずで

やらなくちゃと思っても
なかなか予定通りに実現できなかったりするわけで

なにも私が指摘しなくとも
自分でもちゃんとわかってたんよほんまに。

だってそれは私も同じちゃうん?

偉そうに言ってるけど
私だってそんなことばっかりちゃうん?

今日こそは。

今日こそは。

そう思ってできてないことがめちゃくちゃ多いやんか!

人間はそんなに強いもんじゃない。
そしていつも人は、
他人に厳しく自分に甘い。

いや、「人は」じゃなくて
「私は」やな( 一一)
ほんまに私も成長せんわ。
そうだこの子は
ちゃんとわかってる。
もう大人やねんから。
自分の弱さも
自分の甘えも
そしてどうしていきたいかのビジョンだってちゃんとある。

相変わらず私だけが
変わらない自分を成長させられていないという事実よ。

はぁ。

相変わらず
子どもにハッとさせられることが
まだまだ多い
今日このごろです。

+6

コメント

タイトルとURLをコピーしました