スポンサーリンク
スポンサーリンク

親はなんも知らんし、なんもできんという事実。

親はなんも知らんし、なんもできんという事実。 こども・家族

はい。
ムスメがどうやら
いろいろ忙しい時期で
どうしたらええねん!
という状況のようですけど

結局次の日の夜どうだったか・・・。

・・・床で寝てました( 一一)

原因は明らか

いやそれな。
原因はやっぱり明らかなんですよ。

もう授業が始まっている。
教職課程もあって課題も多い。
ピアノの発表会ももう1か月前を過ぎて。
そして、バイトもあるし遊びもある。

そんな中での、テストです。

どうやら、3年のこの時期に
子どもらの大学では、
大きいテストがあって
その成績によって
希望のゼミに入れるかどうか決まるし(人数が多い場合)

それよりも。

そのテストができなかったら
留年することになるらしく。

厳しすぎる・・・

本当にこの大学は
入ってからが大変というか
勉強させますね~

やっぱ偏差値じゃわからんもんです。

大学自体のネームバリューは
一般的にはないようでも
就職がいいと言われるのは
もしかして企業がこれを知ってるからなのか?

とすら思えるほどに大変すぎる・・・

そのテストは
10科目以上あるようで
各科目15分ずつのテストで
1日に7科目やったか
2日にわけてのテスト。

もはや共通テスト以上やんか!

一応、それぞれの科目で
問題が書いてあるプリントが配られているようですが
その問題の答えもないらしく
まずはその問題を解いていって
それを覚えていくっていう。

でもそのまま出るとも限らんらしい。

しかも「そのまま覚える」って
答えがないから
答えをまちがって出してしまったら
その間違った答えを覚えるってことになるらしく( 一一)

いや~キビシイっすよ。大学さんよ。

まぁかなり基礎的知識らしいですが
まる覚えするものもあれば
当然計算するってものもあり
こういうテストでもないと
その学科の勉強をここまで必死にやらんのかも
とも思うと

これで知識が定着するということもあるのかもしれません。

親としては
ある意味、学費の意味もあるやんと
ありがたいと思いますが

でも実際に、四苦八苦している子どもをみていると
学生やねんから当たり前という気持ち
いやいや大変すぎるやろという気持ち
両方ありますね~。

まぁありがたい、ってほうが8割以上かもしれませんが
ほんまにこのテストで留年してしまうようなことがあった場合、
おいおい、他の大学やったら
こんなテストはあんまりないんちゃいますのん、
ってちょっと恨みたくなるかもしれません(笑)。

ま、その場合、責めるべきは我が子でしょうけど(笑)
親はいつも身勝手です。

ムスコに聞いたその時の話

その日もムスメが
床にごろんと寝てしまっている時間に
ムスコが帰ってきまして
ムスメを見て苦笑。

ムスコ
ムスコ

また寝てるやん・・・!

そして、なにげに
そういえば、ムスコもこのテストを受けてたなと
ムスコのときはどんなだったか聞いてみました。

すると!

ムスコ
ムスコ

いや僕は、夏休み中にけっこうやってただで。

だってすごい範囲が広いし、答えがないし、

とりあえず解いてみて、答えがあってるかどうか

友達と集まって、答え合わせして、たぶんそれも2回ほどやって

ほんでそのあと、とりあえず覚える問題は何周かして覚えて

直前はかなり必死にやったで。

もうプリントの問題が出たら全部できるってくらいには暗記もした。

まぁほぼそのまま出たから、それなりにできたけど

そこまでやっても満点ではなかったな。

え・・・!!

まじで・・・・!!!

あんたそんなにやっとったんか!!!

なんせムスコは留年もしてますからね。
そんなに学校のテストと
真面目に向き合っていたとはちょっとびっくり。

確かに記憶の中に
このテストの話をしていたのは覚えているんです。

ああ、留年がかかっていたりするんや~
ちゃんと勉強してるんかいな。
さらに1年、留年とかありえんからな!!!!

と思ってたんですが

正直、夏休みから準備してやってたとか
いまきいてマジでびっくり。

浪人の時の話といい、
ほんま、親はなんも知らんのです。
ってかやっぱり
ゴロゴロしている姿のほうが目につくし
そうすると、そればっかりと思えてしまって

ほんまに、思考って
いつもそうやけど、
結局、自分が思いこんでいるものしか見えてないし
思い込んでいるようにしか見えていないっていう。

makko
makko

ほんまになんもせーへんな!ごろごろしてばっかりやな!

いつか困るぞ!

とか思ってたけども

ちゃうんですよね~
親が思ってるよりもずっとずっと
ちゃんと子どもはなんとかしようとしていたりする。

努力をしていたりするんですね~。

いつもこうやって
ずいぶんあとになって
その時の話なんかをしてくれて
初めて知るんです。

そんな話をムスコにもしました。

その話をムスメにするもあっさり閉店ガラガラ

そして
その後リビングにきたムスメに
とりあえずムスコの話を聞かせたほうがいいんじゃないかと
ムスコに、少し話してみてや、と頼んでみたんです。

夏休みからやってた、なんて話は
あせるだけやし
もう過ぎた時間のことやからいいとして、
配布されたプリントさえきちんとやっておけば
そのテストはなんとかなるということ。

なんせ、同じ家庭の中に
同じ大学の先輩がおるねんから
ほんまにムスメはラッキーですよ。

今から1週間しかなくても
テスト勉強の指針になるやんか。

で、ムスコが
ムスメに自分のときの話をしてくれたんですが

あ!

とわかるくらいに
ムスメのスイッチが入りまして。

はい、閉店ガラガラのスイッチ。

ムスメ
ムスメ

先輩に話聞いてるから!

お兄の学科とはテストの内容が違うから!

プリントそのまま出るものもあるけどそのままじゃないのもあるねん!

って言い放って
自室に入っていきました。

ちゃんちゃん。

ムスコよ、ごめん。

ムスメはほんまに、わがままっす。

けど次の朝も

そしてまた
その後、部屋をそーっとのぞくと・・・・

寝てました。チーン。

そう。
やらなあかんことがあるときほど眠くなる。

もうこれはほんまに永遠の真実( 一一)

一応、寝るときに、
朝5時に目覚ましがなるようにセットしておきました。

朝起きたら、
ムスメはなんとなくベッドの上で起きていて

ムスメ
ムスメ

眠いわ!

朝5時の目覚ましはあかんわ!!

寝すぎると起きられなくて、起きてもすごく眠い!

3時間くらいで起きないと、それ以上寝るともう起きられない!

と、わけのわからん理論・・・!!!

いやなんとなく言うてることはわかるで。
寝すぎると余計眠くなるっていう。

けど、たった3時間しか寝なかったら
結局次の日も眠くなったりぼーっとしたりで
1週間もたんやろう!!!

ま、でも、やっぱり
なんか言いたいんです。

てか、自分に腹立ってるんです。

それがわかるだけに
わたしゃ無言をつらぬくっていう。

もう無言の行ですわ(笑)

しかしもう自分でなんとかするしかないし
なんとかできなかったら自分にかえってくるだけだし
親はなにもできませんから。

とりあえずは
応援の念だけ送っておきます。

さあムスメよどうする。

いまからできることだけでいいねんから。

てかそれしかないねんから。

がんばれよ!ムスメ。
母は見守っております。
どんなに驚きの苦言を呈されようとも( 一一)
2歳のわがままを聞くようなつもりで
お地蔵さんになりまする。ハイ。がんばれムスメ。

+9

コメント

タイトルとURLをコピーしました