スポンサーリンク
スポンサーリンク

いやいやまさか。

いやいやまさか。 仕事

まさかまさかの
濃厚接触者となり
1日だけ休んでました~( 一一)

いや~もうどうよ。

やっぱりあかんのよ飲み会は。

ここのところ急激に増えた飲み会で
ご一緒だった方が陽性になって
いろいろ調べてみたら
定義的には濃厚接触者!!

マスクをとって
1m以内で
15分以上。

そりゃもうランチに行ってもあかんやつ~!!

これまでほんまに、
ランチも1人で
飲み会もゼロでやってきただけに
ああ~やっぱ会合は
こういうリスク全然あるやん!!!
と改めて気づきます。

よく考えてみると

そういえば
よく考えてみると
ムスコも濃厚接触者で
しばらく家におりましたよ( 一一)

ムスコ
ムスコ

お母さんも自宅待機か~!僕もおるで~


と言うとりました(笑)。

そうだった確かに。

ちゃんとしてるなぁ~会社!

てか、息子はもう
4月から
濃厚接触者認定は2度目です。

1度目は東京のホテルやったからな~。

しかし、もはや
「コロナ陽性」でなく
「濃厚接触者疑い」(保健所からの「認定」じゃない)なら
そして症状ないなら

1週間近くも
自宅待機の必要あるかいな?
と思います。

そして私は

そう。
そして私はというと、
ソッコー
PCR検査を受けまして。

とりあえず1日自宅待機して結果待ち。

陰性やったらもう次の日から会社に行く気まんまんやったけど
よう考えたら
ムスコのように
濃厚接触者やったら
会社行ったらあかんのちゃいますか!
と思い出し

ムスメにも

ムスメ
ムスメ

濃厚接触者は基本自宅待機やで!

そんなん陰性やからって出社したら

周りが絶対いややろう!!!

って言われて。

は?そういうもん?

でも、同僚が
濃厚接触者やからって
1週間休んだときには
まじで「詰んだ~!」ってくらい
仕事がヤバかったし
1週間休むとか無理!

と思いまして。

とはいえ、確かに
行政の指導に従わなければ
あとで何を言われるかわからんともいう。

で!!!

調べに調べて詰めました

調べましたよ~

大阪府、大阪市、そして自分の居住している市。

いずれも確かに
HPを見ると
濃厚接触者の定義が記載してあり
ばっちり当てはまる。

そして、電話してみても
同じことを言われる・・・。

まじかぁ・・・
これで出社してしまうと
ルール逸脱????

でもだ!!!

行政がそんなことを「強制」できるのか?

陽性になったひとと最終接触したのが金曜日で
火曜日の段階で
症状も出てないし熱もない。

そしてこれで検査結果が陰性やったら
ほぼ大丈夫なんちゃう????

もちろん、潜伏期間があるから
そうでないケースがあるのもわかるけども。

で!!

もう一度電話しました。
自治体の濃厚接触者相談センターさまへ。

そして・・同じ説明をされたので
詰めました。

makko
makko

あの~それって

「行政のお願い」ですか?

それとも「強制」ですか?

ってね・・

いややったと思います、窓口の方( 一一)

居住している市の窓口は

決まっていることですので・・

って・

答えになってないしな!!!

で、今度は会社のある自治体の窓口にかけて
同じ質問をしたら
同じように答えられそうになったので
もうこりゃアカンと
何度も

makko
makko

強制ですか?

どの会社も誰もみんな

従わないといけないというルールですか?

と聞いたら

最後に

いえ・・あの・・

保健所から、濃厚接触者に「認定」されたら別ですが
こちらはあくまで濃厚接触者の「定義」となっています。

そしてその「定義」に当てはまる方への「行政からのお願い」と

思っていただければと思います。

濃厚接触者かどうかについても、その後の対応も

個人や会社によって判断がわかれますので・・

とおっしゃいました。

ですよねぇ!!!

ソッコー、会社に連絡し
こういわれたけど、どうやと・・!

陰性だったら出社してよいよな・・?

と、聞きましたです。

もちろんそれでその後、
私が発熱したらもうそりゃ
えらいことですし
責任問われますけども

マスクしていたら濃厚接触者にならんわけですから
会社でマスクをとらずに
できるだけひとり黙々と仕事すりゃ
ええんちゃいますのん、
と思いましてね!

会社も私のすごい剣幕に
陰性だったら出社してよし」の判断出してくれまして。

はれて、陰性結果をもって
出社となりました。

いや~でもな、ほんま、
忙しすぎる週で、
これ休んでたらどうなったんやろかと
正直ぞっとしました・・・

はぁ。

というわけで
ちょっと大忙しな日々となっとります。

症状、熱、ともにナシ!
しかし・・・

コロナはおさまってきたんちゃうんかい!

気を引き締めていこうと
改めて思ったという話です。ハイ。

+10

コメント

タイトルとURLをコピーしました