スポンサーリンク
スポンサーリンク

母を皮膚科につれてゆく

母を皮膚科につれてゆく こども・家族

もう~~~~83歳母。
(時々84歳と言ってしまうが、まだお誕生日きてませんでした)

大変す。

ここのところ、また出てきましてね。

あれですよ。
かゆいかゆい病です( 一一)

皮膚科通いをしていた母

そう、かつて、
確か1年くらい前まで
近所の皮膚科に通ってたんですが
先生がちょっとしたハラスメント的気質で
そちらは辞めまして

なぜか、いつもかかっている
かかりつけの整形の先生に
違う皮膚科を紹介してくれとお願い。

確かに、この整形の先生のところは

総合病院だし
薬の飲み合わせもあるから
血液検査の結果によっては
ここ行って腎臓の検査してきて、とか
ここ行って腸を見てもらってきて、とか
紹介してもらって行くから
わかるねんけども
皮膚科は別に
紹介状なくてもよくないかい?
飲んでる薬だけ見せたら。

そう思ったんですが、まぁ本人のご希望なので
先生も書いてくれたんです。

でも、その新しい皮膚科が
びっくりするくらい混み混みで
以前も1時間以上並び
中でも1時間以上待って診察だったし
それだけ待ったわりに
先生の診察はなんとも簡易的で

おいおいちゃんと見てるんかい!
みたいなところもあって

まぁそもそも、前と同じ塗り薬が出るだけなので
ちょっと母には話をしたんです。

そもそも、皮膚科にずうっと通い続けるという必要性があるのかどうか。

かゆいのはわかるけど
ニベアやワセリンでまずは保湿して
どうしてものときは、皮膚科でもらったステロイドを塗って
短期で直して、また保湿をする、という生活をしたらどうかと。

だってさ、
内科的な病気ならわからなくもないけど
皮膚科に毎週(か1週間おき)に通い続けるってどうよ。

もう治す意志ないやん( 一一)

というわけで皮膚科定期通院はやめました

私らだって
というか私たち家族だって
皮膚にトラブルがあったときには
もちろん皮膚科に行くけれど
その後は、とりあえず薬塗って
よくなれば行かないし
悪くなれば以前もらった塗り薬をちょっと塗ったり
それでも悪ければまた診察に行く・・・
みたいな感じやん。

いやまぁそもそも
皮膚科に毎週行くほどひまでもない!

優先度的には低いですから。

ってことを話して
ニベアやワセリンをわたしまして
しばらく皮膚科はお休みすることになったんです。

いやそもそも
整形のほうでなぜか、身体についてのすべての訴えをするので
ヒルドイドとかも出してもらってるねん!
あの、しっとりなるやつな!!

それでええやんか。

特に肌が荒れているわけでもなく
まぁ「かゆい」というところだけなんです。

でもそれも、
母は若いころから、とにかく
皮膚がかゆいとなると
クレイジーなほどにかきまくる、
というのがあって
もはや私の記憶の中にすらある。

ちょっとかゆいだけでも、狂ったようにかきまくる母の姿・・・。

かくと皮膚は傷ついてもっとかゆくなるし
皮膚のダメージも大きくなるんです。

せめて起きてる間は

かかない努力をしてみようか、って( 一一)

ま、基本、私の言うことは

ハハ
ハハ

あんたの言うことはもっともや!!

そうや、その通りや!

など言っててもまぁ全然聞いてないんすけど。

とりあえず、しばらく(3,4カ月?)は
そのままきたんです。

そして通院再開

しかしながら。

最近きましたんです。
LINEが。

ハハ
ハハ

お願いがあります。

身体がかゆくてたまらないので

皮膚科に連れて行ってほしいです。

ってね。

いつか来ると思ってたんで、
別にいいんですけど
本当にかゆんでしょうし。

とりあえず、前回
主治医に紹介してもらった皮膚科は
もう待ち時間多すぎやから
避けたいなと思い・・

以前ムスメを連れていったことのある
隣の駅の皮膚科に連れていこうかなと思いました。

そちらは、母より少し若いくらいの
おばあちゃん先生で
しかもてきぱきしていてとてもいい感じ。

お医者さん自体は古いけど
いまどきの皮膚科がみんなやってる
「美容系」みたいなものもないし
まぁ先生も信頼できる感じ。

隣の駅といっても
きっと母はもう、最寄り駅の医者ですら
歩いては行けないので、一緒かなと。

というわけで
新しい皮膚科に母を連れて行きました。

母的には、紹介状もなく、
不安でしょうがなかったでしょうけど( 一一)

まぁ~それにしても大変だった・・・

連れて行く日の朝は
なにやら紙にびっしりと
鉛筆でなにやらしたためておりまして

ハハ
ハハ

先生に伝えないとあかんことを

書いてきてん。

症状のこと、聞きたいこと、いろいろと

書いてお棺とあかんと思って。

と言うので

見てみると

まぁそりゃすごかったっす。

・〇時頃から〇時頃まで、かゆくて寝られず
・おなかまわりはシャワーを浴びてもかゆい
・足は寝ている間にかいて傷になっている
・足の爪の水虫の検査をしてもらう

・・・・等々・・・

こんなくらいじゃないですよ。
まぁ紙にびっしりと。

そして、なんですかね?
足の爪の水虫とは!!

水虫があるかどうかもわからんのに
(以前の先生には、ないと言われていた)
水虫の検査をするのをなぜにアンタが決める?

意味不明だ・・・!

まぁこのメモはいつもそうなんですけどね( 一一)

正直、この時点でうんざりでした・・・

またもや診察室で
先生の話は聞かずに
自分の話、自分の主張、要望を
延々と話すのだろうなと・・・・・( 一一)

いや、ひとりでいろいろ考えるのもわかる。
さっさと動けないし
その場で話すことを忘れてしまうこともあるやろうし
言いたいことを全部伝えたいという思いがあるのもね。

わかります!

でもだ!

自分の主張だけじゃなくて
相手の言うてることも聞こう!!!!

相手が答えている間も
自分の主張や質問を永遠にしまくる母の性質よ!

それが見えすぎてうんざりしたんでした、ワタシ・・・・。

そして皮膚科でどうやったか。

書く気力が途切れそうなのでこれはまた続き書きます( 一一)

とりあえず、疲れたことだけは言うときます( 一一)

+8

コメント

タイトルとURLをコピーしました