スポンサーリンク
スポンサーリンク

絶体絶命のピンチがやってきて

絶体絶命のピンチがやってきて ココロのはなし

わあああああ!

いろんなことが起こります!

仕事~!

突然人が辞めたり!
同僚が濃厚接触者になったり!

ほんまにピンチはピンチを呼ぶ
重なるときは重なる

ほんまにそうです( 一一)

突然の退職

いや~確かに。

こういうことってあるんです。
てかこういう辞め方な~!

いま多いのかもしれないけれど
この1年2年のうちに
突然辞めます!

が何度あったことか・・

私に問題あったのか?
職場に?

といろいろ考えたけど
まぁ理由はさまざまで。

家庭の事情
体調不良
懐妊
いろいろね・・

全然わけがわからんという辞め方は
ひとつもなかったので
ある意味、まぁ多少の想定の範囲内ではあったけれど。

まぁこうやって
辞める人が出るたびに
えええ~!
業務どうする?

って職場はもう大慌て( 一一)

それに備えて仕事やってたらいいけど
いっつもカツカツの人数でやってるやん。

対応難しすぎる・・・

応援を要請して

違う部署から人にきてもらって
1人欠けるだけでこんなに大変、ギリギリやねんで

会社にわかってもらいたいということも
考えてやってきたけれど

ほんまにわかったのは

会社はなんもしてくれへん

どんなに大変でも、現状でなんとかするしかない

ということ~。

いやこれほんまで
こういう考え方がマイナスなんかもしれんけど

私がこの部署にきて、
いきなり激務で忙しくて
精神的にもなかなかきていて
とうとう体調くずして入院したことがあったんですが
そこで2週間休んでいて

上司は

ほんま、異動したからやんな。

負担かけてほんとごめん。

とか言ってくれたものの

退院して会社にもどると
まぁ見事に何も変わってない・・!!

体制を変えるとか
なにかしらお触れを出すとか

なんもない~!!!!!

だれか倒れるまで会社は変わらんとか言うけれど

違うで!!

だれか倒れても会社は変わらん!!

それを痛感したんで
そもそも会社に期待はしていない・・

だから、突然の退職があったとしても
淡々とどうするかを考えて
やっていくしかないんっす。

とりあえずはね。

とはいえ、もちろん会社へのアピール、訴えは

継続しますけども。

でも「文句」になっちゃったらだめで
なにかしら提案していかないとあかん
ですよね。

文句言うだけの人はいっぱいおるから
それと同じになったらあかんという自覚は常に持たないと。

全社的にどうすればいいのか
うちの部署だけがよくなってもあかんから

どこに問題があってどこをどう動かしていけばよいか・・・

いや~もうシャチョウが考えてくれまじで。(本音。)

ま、でも当面は、
みんなに負担がかかるにきまっているので
そこをどうやっていくかと
みんなのメンタル面もちゃんとケアしないとな・・・

ほんまになかなかの重労働でっせ!( 一一)

しかしここのところ気づいたことがあって

そうなんです。

でもね~
最近気づいたことがあるんです。

あのひとが辞めたとき
このひとが辞めたとき・・・

あ、このひとが辞めることで
大変にはなるけれど
別のここに問題があったのを
解決できるチャンスちゃう?

この問題どうしよう
状況は変えられないし

と思っていたけど

状況変わったやん!

ここ変えられるチャンスちゃう?

っていう。

また、まさに昨日、新しく
大きな課題が出てきて
いやもう寝られへんし!
くらい悩んだけど
でもよくよく考えてみると
それを全然違う角度からみると

え、もしかして・・・

「これ」は動かないことを前提に
問題をどうしようこうしようああしよう、と考えていたけれど
「これ」が動くこともある!!!

いやまじでそんなことあるのね。
というくらいに
思ってもみないことが起こる・・・。

でもよくよく考えてみると

「こうなればいいな」とイメトレはしてないものの
「なにか」「こんなふうに」
(まぁならんやろうけど)
大きな変化があったりしたら解決するのかも
と想像したことはあったなって。

そう思うと
なんだかこわいほどに
自分の思うとおりに
人生が勝手に動いて
いいように変えていってくれてるんじゃないかと

ふと気づいたんです。

いやだって、
突然のことが起こって
もうどうすればいいん!

makko
makko

一難去らずにまた一難!

って去年何度言ったかしれないけれど

そのたびに
なにかしら、全然別の問題が解決してはいなかったか。

結果、
今振り返ると
ああ~あのピンチがあったから、今がある~。

よかったよね~。

ということがあったんちゃうんかって。

いやこれな、
振り返りをしないと絶対わからんかった。

まじで。

ただ漫然と日々を過ごしていたら
そこには気づかず見逃していたと思うんです。
(てか見逃していた(笑))

人はこれを
ポジティブ思考

というのかもしれないけれど

いやいや違うで。
思考じゃないで。

本当に、プラスになったことが絶対にあって
それは「ものの見方」だけの問題ちゃうかなって。

でも、

「ものの見方を変えて~」などというきれいごとではなくて
本当に、自分にいい方向に変わっていたんだ!
と実感を持って気づけたことが

めちゃくちゃデカい。です。ほんと。

なんていうか
そう思うようになって
いろんなこと、
自分にいい方向に変わっていたんだと
気づくことがめちゃくちゃ増えて

そうすると
こわいほどに
人生は
ほんまに自分にいい方向に転がっていっている。

たとえそれがピンチに見えても。

それを実感として感じることができてから
人生の方向は
まじで大きく方向転換した気がします。

いや~おそろしいけれど
神様はいたのね
つぶやくことが多い今日このごろです。
宗教は何も信仰していませんけど(笑)。

でも人生はいろいろある。
山もあれば谷もある

しんどいことが多いように思うけれど
必ずどこかで、
さっと道が開けて見えるときがあって

それを絶対逃さないように大事にして
そこをただ歩んでいけばいいんだ

思うワタシであります。

今日もいろいろあるけれど
なんだか気持ちを上向きに保てているのは
それが絶対のものと信じられているからかもしれません。

ピンチはチャンス。
実はこの言葉は
めちゃくちゃ奥深いのかもね。
実感しています。

+10

コメント

タイトルとURLをコピーしました