スポンサーリンク
スポンサーリンク

学生時代終了秒読みのムスコとワタシのせめぎあい

学生時代終了秒読みのムスコとワタシのせめぎあい こども・家族

ムスコの卒論発表
もう秒読みです( 一一)

ここのところ
日曜も
資格学校を休んで
毎日学校に行ってます。

提出した卒論を
発表する場で
しっかりと説明できるように

パワポを作ったり
説明の練習をしたり

ということのようです。
(全貌は不明)

まずは発表練習

ゼミの中で、
ということかもしれませんが

ムスコ
ムスコ

明日発表やから・・・

と、遅くまで学校に残って
帰ってきたムスコが言っておりまして
それからまたさらに
直しがあるとかで
朝方までなにやらやっていたようでして

大変だなぁ~
と見ておったんですが

その日、帰ってきたときに

makko
makko

おー、発表どうやった~?

と聞いたら

ムスコ
ムスコ

いや~全然~。

全体で発表するまでにもっと練習しなあかんわ~

と言うので

makko
makko

ゼミの先生はなんて~?

と聞いたらば!

ムスコ
ムスコ

「ひどすぎる」って!

えええええ・・・・・

いやいやここまでよう頑張ったなとか
あとはここをやっていけばいいかなとか
そういうことではないのか!!

「ひどすぎる」って・・・・!!!( 一一)

ほんとにひどかってんな・・・・

先生、こんなムスコでごめんなさいよ・・

そりゃ先生も「頭かかえてる」ことでしょうよ・・・( 一一)

しかしムスコがこんだけ
日本語が不自由なのは

ほんま、私の育てるときのなにかが原因だったんじゃないかと
わりとマジで思っていたりします( 一一)

もっといろんな会話をすべきだったんじゃないかとか
自分の気持ちを言語化できるように
普段の会話の中で気をつけてあげるべきだったんじゃないかとか

いろいろ考えますね~

やっぱり親はいつまでたっても
なんかあったら

自分のせいちゃうか

って思ってしまうもんです。

実際は、
そうであることもあるし
ないこともあるんでしょうけど。

そんなムスコは今日もゆく

まぁそんなことで
昨晩も、部屋からは
なにやら発表の練習らしき声が
聞こえてきておりました・・・

どうなることやら。

しかし卒論が終わってからも
入社する会社の課題がまだいろいろあったり
資格学校のほうもテストがあったりで
やることが山積みなんだそうです。

卒論終わったら
急にヒマになるやん~
と思っておったんですがね。

いやでも毎日バイト入れてたみたいやし

なんか言ってることとやってることが
ちぐはぐやけど


これはまた
計画性のなさが露呈しているだけということか・・・

本当にこんなんで
社会人としてやっていけるのか
もう24歳だというのに
大学生だからというだけではない
いい加減さというか
目の前のやっつけだけとりあえずやる感じというか

まぁいろいろ心配です。

親だから
見る目が厳しくなる。

それもあるかもしれないけど
いやいや厳しくなってるわけじゃなくて

こりゃあかんやろ!

みたいなこともけっこうあったりします。

でもなぁ~
難しいです。

親だから、
そういう姿勢はあかんやろって
社会に出るって
学生とはもう全然違うんだよって
ついそんな話をするけれど

それがどこまで学生の彼にわかるのか、とか
親の言うことがどこまで頭に入るのか、とか


いろいろ考えると
どこまでも強く言うのも違うと思うし

もう言うても大人やからね。

自分で考えなあかんやろってところももちろんある。

けど、考えれへんみたいやから、
言うといたほうがええやろ言えるうちに、という気持ちもある。

あああ~

親は常に葛藤だらけなりけり。

そんなこんなで
我が家のムスコは今日もゆく。

親である私は
ウザい顔されながらも意見してみたり
かといってどこまでも押すこともできず
ある程度のところでひいてみたり
それはそれで消化不良でイライラしたり
ほんまにそれでええんかと不安になったり

まぁ、いつものごとく
揺れ動きまくりです( 一一)

たのむでしかし。

見えるからつい言いたくなる。

4月からはもう見えない言えないと思うから余計かもしれません。

そんな私の葛藤を横目に
ムスコの学生時代は
終焉を迎えようとしているのであります。

あとすこし、ね。

+14

コメント

タイトルとURLをコピーしました