スポンサーリンク
スポンサーリンク

早朝の母からの電話の話には続きがありました。

早朝の母からの電話の話には続きがありました。 こども・家族

母からの緊急電話!
について書きましたけども・・・

こちら昨日の記事

実は、続きがあります(笑)。
はい、私の得意なやつ~
なんせ話が長いんで(笑)すみません。

診察はどうだったのか

昨日のブログ・・・
待合のところまでしか書いてなくて

結局どうもなかってんやろ!?

という結末になってますけど(笑)

実は実は、
あれね、もうリアルタイムでパソコンに打ち込んでおったんです(笑)

突如、会社に遅れていくことになって(しかも超忙しい日!)
病院では待ち時間長いやろうなぁ~
と思ったので
以前使ってた、とりあえず文字だけ打てる小さなパソコンを持っていってたんです。
(不謹慎なムスメ)

まぁ、やし。
なんかあったとしても骨折かひびやろなって(ほんまに不謹慎なムスメ)
内臓でもなければ命に別状もないやろし
あまりに母につっこみどころが多すぎなんで
横で見ながらガンガンに打つっていう・・・(笑)
ネタはすぐに打つから忘れない~(笑)
そしてアウトプットするからストレスが多少軽減される~(笑)

で!
主治医の先生は予約制だから、違う先生に・・・という
融通の利かん話でしたが、でも、

makko
makko

主治医のT先生が今日診察されるのをたまたまネットで知って
無理とは思いましたけど、
母のこれまでの経緯を全部わかっていただいているので
もしかしたら診ていただけることもあるかも・・

と思いまして、私も一緒に来たんです。
もちろん無理は承知ですので、全然いいんです。

予約なしで診ていただけるならどの先生でも・・・

と、看護師さんに遠慮がちに言いましたら
どうやら話を通してくれたみたいで

看護師さん
看護師さん

T先生が診てくださるそうです!

とのことで。
一緒に診察室に入りました。

あ、その前に
足が腫れていると伝えたので
先にレントゲンを撮ってくれてました。

で、先生、レントゲンを見ながら

T先生
T先生

うーん、骨は折れてないし、ひびも入ってないみたいやね~。

前とちがって骨はなんともないわ。

とのことで、
そっか、骨もなんともないのか・・
じゃあやっぱりリウマチ関連とかいろんな理由で
ちょっと腫れてるだけなんかな・・と思っていたら

T先生
T先生

むくみやね~。

まぁ夕方になったら足がむくむやんか?ああいうことやと思うけど・・・・。

内臓からくるものだったら片足だけむくむとかあんまりないし・・・。

足をできるだけ上げるようにしていたらいいんちゃうかな?

あとは、弾圧ストッキングを履いてたらいいと思うよ?

とのことでして!

やっぱりそーかい!
てか、「腫れる」というよりも「むくみ」なのね・・・・
まぁたいしたことなかったやっぱり。
と思っていたらば、先生、

T先生
T先生

でもね~、血栓みたいに血流が流れにくくなってるってこともあるから

血流だけちょっと調べてみてもいいかもね?

いまから検査できるか聞いてみたげるわ!

とのことで、すぐに聞いてくださり、
すぐに検査してもらえることになりまして
まぁ検査はしといてもらったら安心やろう、と
とりあえずついていきました。

この時点で11時~・・うーむ会社行かんとあかんねんけどな・・・
とあせりつつ。

そして検査の結果

なんとその検査のところに
T先生も来てくださって
検査の方と一緒に
検査状況をずっと見ていてくれたらしい。

CTみたいなものなのか、なんなのかようわかりませんが・・

で!
30分ほどして、T先生が出てこらえ
廊下にひとりで座っていた私に

T先生
T先生

あのね・・どうも右大腿骨のあたりが

血の流れが悪くなっていて

血栓らしきものがあったんです。

いまから、T市のS病院で検査してもらえるか確認してるから

すぐに行ってもらえるかな?

血栓は、ふとしたことで心臓や肺、脳にとぶこともあって

そしたら命にかかわるから、危険なんですよ。

だからちゃんと検査して診てもらったほうがいいから。

って~!!!

まじで!?
血栓!?

え!!足のむくみちゃうかったんかい。
いきなり恐ろしいことになってるやんか!

そうこうしてたら母が出てきて、
とりあえずそのS病院からの返事を待つということで
待合で待ってる間に
私が、

makko
makko

まじか~~今日はもう絶対に仕事に行かないとあかんのに~!!

待ってもらってるのに~。

どうしよう~まじ困った!!!

と、鬼ムスメ発言・・( 一一)
ほんまに申し訳ない( 一一)今思うとね・・
でも本当にそのときは、それしか考えられなく・・
血栓がどんなもんか知らんが
検査は今日でなくてもよいのでは・・・と思いましてね。

そしたら母が

ハハ
ハハ

T市やろ?電車で数駅やん。タクシーでもいけるやん。

電車かタクシーか、電車とタクシー乗り継いでかわからんけど

ひとりで行ける!どうにか歩けるし!

と気を使って言いまして。(まじごめん)

そんな話をしていたら、看護師さんと先生が出てきて

T先生
T先生

何を悠長なことを言ってるん!電車なんてとんでもない!

娘さん一緒にすぐに車でS病院に行って!いまから診てあげるって返事きたから。

あのね、これは命にかかわるんですよ。

明日や明後日とか言うてられんの。すぐですよ!

死ぬかもしれんのですよ!

一刻を争うんですよ!

次の診察に会えないかもしれないんです!すぐ行って!

ってかなり強めに言われまして( 一一)

そうなの~!?
血栓が何たるやを知らん私があかんかったのね。
(確かにあとで調べてぞっとしました( 一一))

そして検査のためS病院へ

というわけで、すぐに母を車に乗せてS病院へ。

市が違うので遠いかと思いきや
15分くらいのけっこう近い距離で助かりました。

母はもう死ぬ気満々で

ハハ
ハハ

まぁこの歳まで元気で生きたんやから、

死ぬのは急でも仕方ないわな。

苦しまずにぽっくりいけそうやから

それはそれでよかったかもしれん。

などと言うとるではないですか。
もはや私の感情は無・・・

いやでも、この母のことやから
絶対運がいいし、
すぐにどうこうということはないでしょうよと。

しかも、通常であれば、脳梗塞や心筋梗塞になってから気づくこともあったりするわけで
この段階で気づけて
おそらく治療もできるということは
かなりラッキーだったのではないかと。

そう思いながらS病院到着。

連絡をしてくれていたので、すぐに救急処置室へ。

元の病院のデータをみた先生方が
母の状況を確認したり、なにやらチェックしたりしている間
待合で待っていたところ
20分くらいしたら先生が出てこられて

先生
先生

ご家族さんですよね?

お母さまですが、右大腿骨あたりに血栓がありますね。

これね、これから造影剤を入れて検査しますが、

心臓や脳に飛びそうなものだったら

首のところからおなかの近くまで管を通して

血栓がとんでいかないようにフィルターを留置する手術をすることになるんです。

(※実際の言葉はちょっと違ったかもしれません)

でも、血栓がそんな大きな(もしくは浮遊している?)ものでなければ

血液をサラサラにする薬を入れていかないといけません。

いずれにしても今日から入院ということになりますので

お荷物など、またもってきてもらうことになると思います。

ただ、コロナですので、入院してしまうと面会はできないので、

お荷物も看護師に預けてもらう形になります。

よろしくお願いしますね。

はい!?
入院決定とな?

ほんまに血栓やったんか!!!
いや、まさかの展開。
ただの「足のむくみ」やと思っていたのに・・・
そんなことってあるんや・・・
いつも、おおげさな母の話を
話半分に聞いてたけど、
今回は本当やったんや・・・すまぬ母よ。

そんなことを瞬時に考えた私は

makko
makko

え!どっちにしても入院なんですか!????

で、先生、今日は私は会社に行けますか?

ってとっさに聞いてしまうという・・

母親がこんなときに会社とな?
と先生も思ったことでしょうが、そこは笑顔で

先生
先生

いまから造影剤を入れて詳しい検査をするので

今日はいていただかないとだめですね。

すみませんね!

とのことでした・・・・チーン。

いや、どっちにしても、命は助かった、
しかももう病院にまかせられる、
と思ったら

今日の仕事は・・・
みんなに迷惑かけている・・・

がすぐにやってくるわけですよ。
だってその日は大変な日で
「ちょっと遅れていくから」
と伝えていたんですから・・・
しかしすでに1時は過ぎておりました・・・

で、その検査結果。
ごめんなさい。
長くなってしまったので、それはまた明日!
(誰も興味ないって(笑))

+8

コメント

タイトルとURLをコピーしました