スポンサーリンク
スポンサーリンク

早朝、母からの緊急電話!なにごと!

早朝、母からの緊急電話!なにごと! こども・家族

聞いてくださいよ~!

金曜日、朝の4時50分に枕元においてある携帯がなったんです。
あれ?こんなに早くにアラームセットしたっけな?
と見てみたら、母の名前

なにごと?
体調不良にちがいない。
でもド忙しい金曜日。
休めるか?どうなのか?
いや今日は無理やん!
なんてことを瞬時に考えながら電話をとると

ハハ
ハハ

あ!足がな、おかしくて。

朝4時50分の母の訴え

そこからがびっくりするくらい長かった・・・
あ、足か。
とちょっとほっとしたところで
とりあえず聞こう、と聞いたら
こっちが寝ててもわからんのちゃうかと思うくらい
弾丸トークが長かった・・・

ハハ
ハハ

私、足を手術したやん?
左足の股関節と膝を手術して・・・
それをかばうから右足が痛くて・・・
だから右足の足裏にひびが入ったことがあるやん?
それで入院したやんか?
1回だけじゃなくて、もう2回やったかな
足を骨折して入院したこともあるやん?
そうそう、足の静脈瘤の手術もしたやん?
それも関係してるかどうかわからんけど
右足の底からひざのところまで
おかしくて・・・
昨日ヘルパーさんが見ても
「あれ?えらい腫れてますね」って言われてんけどな。
もう2倍に腫れあがって大変なことになってるねん。
また折れてるんかもしれんねん。
そりゃもう2倍には腫れてる!
足の甲がもりあがって、
足首から上も2倍に腫れてる!
歩きづらいし、ちょっと痛みもあって歩きにくい。
どうしたらええやろうと考えてて。
土日に救急で運ばれるようなことになったら大変やから
今日いつものかかりつけの病院に行くべきか・・
でも、いつもの先生は予約やから診てもらえないだろうし・・

いやもともと私は左足の手術をしてるやん?
だからそれをかばって右足が・・

話は最初にもどる~そしてループ・・・
永遠に終わらんやつです。っていうか、
息が苦しいとか
血を吐いたとか
熱が高くてしんどいとか

そういうのでなく足が腫れているということが訴えの中心だった模様。

てかそれ、朝の4時50分に電話してきて訴えることか????

ハハ
ハハ

ケアマネさんに連絡しようと思ったんやけど
ケアマネさん金曜日休みやったからできないし
でも土日に救急車で運ばれるようなことになったら・・

って~これも繰り返す~。

てか~「足が腫れているけどどうしよう?」
そんな相談を、ケアマネさんがされて、どうする?
医者にいったらどうでしょう
としか言えんくない?
私に相談されても同じで
医者に行って診てもらったら?
アドバイスはそれだけっす。

他になにがある?

我々医者じゃないんです。
ケアマネさんも私も。

しかしもうこれに慣れすぎて
電話を布団においたまま
無言で聞いておりました。
話が済むまで。

4時50分に~
電話して~

する話か~!!!!

しかも足が腫れただけ~( 一一)

いやもちろん母にとっては一大事で
大変だ!なんだろう!痛いし!ってとこなのはわかる。
でも、私に連絡したとてすぐにどうしようもできないし
それは6時でもよくないですか?

とりあえず、いつものかかりつけの
総合病院の整形外科に行ったらいいんじゃないかと言いました。

「腫れて痛みもあって調子が悪いなら
病院に行ったらいいと思うで」

ってそんなあったりまえのアドバイス~。
いや、わからんかったんか?

そしてその訴えの対応は

しかし、電話してきたということは
なにかしらひとりでは不安ということで
まぁそりゃ82歳で足も不自由な母が
普段は整形外科も皮膚科も
ひとりで通っているのもちょっと心配ではありました。
たまに介護タクシーを呼んだりもするけれど
やっぱりタクシーを使うということに抵抗があるのか
けっこう

ハハ
ハハ

今日はお医者さんまで歩いて行った!

歩けたわ~ありがたい!


などと報告してくるので
歩いて行けてたということなんですよね。

でも、足が腫れて痛いということは
まぁ歩いては無理で
やっぱり連れて行ってほしいということなんやろなぁと思って
絶対的に忙しい金曜日でしたが
とりあえず遅れて出社する旨、同僚に連絡をし

「じゃあ8時に出るから」
と母に連絡を。
そしたら

ハハ
ハハ

あんた!休みとれんやろ?

ええよええよ。
病院に電話して予約じゃないけど受けてくれるか聞いて
介護タクシーよんで行くから!

ってまじ~!
なんで電話してきたんよ~!
そんなん聞いたら一人で行かせるわけにもいかんやん!
足の痛い82歳を!!!

というわけで
病院に連れて行きました・・・!

そして病院でも訴える母

いつもの先生がたまたまその日はおられたけど
完全予約制で予約してないので無理ということで
(まじ融通きかん!)
違う先生に診てもらえることになりました。
しかしだ~。

診察の前に看護師さんから
いろいろ聞かれるやん?

どこがどう痛いですか?

いつからですか?

それに対し、出ましたよいつものやつ。

ハハ
ハハ

いつからですか?いつからって・・・

2、3日前かな?いやそれよりもっと前かな~4、5日前?
ま、2、3日前です。(どっちやねん!)

どう腫れてますか?痛いですか?って?

ほら見て!
2倍に腫れてえらいことになってるねん!(なってへんがな2倍には!)
ヘルパーさんが「スゴイ腫れてます!」って言うてね。

痛みはありますか?って?

うん、痛い。
いや、そこは触っても痛くない。
うーん。まぁ痛いんですよ全体的に。(どっちやねん!

別のほうの足は痛みや腫れはないですか?って?

今回の腫れてるのは右。左足のことやね?

左足はね、ずっと痛い。
毎日痛い。
手術したからね、ずっと痛くて。

さすがに最後のあたり、もう口はさみましたよ・・・

今回右足が腫れたから診察を受けている。
左足も右足と同じように腫れたり痛みがでたりという症状は出ていないのかを聞いておられる。
手術した左足が痛いかどうかなど聞いておらんのだよ!

さらに、腫れてる足を見てもらっていたら

ハハ
ハハ

あ、そこはかゆいんですよ。
ずっとかゆくてね。
いま薬もらってて薬を塗ってるんですけど
かゆくてね。
薬はね・・・かゆみを止める塗薬と飲み薬があってね・・・

寝てる間にかきむしってしまうんですよね!

いやいやかゆみの話はいらん!!!!

いや~まじでつっこみどころありすぎやろ!

で、診察を待っていたら

ハハ
ハハ

トイレ行ってくるわ!

と席を立ったのにすぐ帰ってきたので
「あれ、トイレ行ったん?」
と聞いたら、

ハハ
ハハ

あ、やめといた。
検尿あるかもしれんからな。


って~!絶対ありませんから~!
足の腫れで検尿~!
(ほんとはけっこうあるそうですけど(笑)。ここは私の知識不足(笑)。)

しかもだ。
病院に診察にくるのに
ちいさいバッグとリュックとでかいサブバッグと
カバン3つ!
何入れる!
なぜ必要!
あんた杖もあるのに
こんなに荷物持てるんかい!

いやもうほんまに、どんだけつっこんだらええねん!
ってくらいに
ひとつひとつの言動がもうヤバイっす。

そもそも論。

まぁ全部つっこめますけど
やっぱり足が腫れているということを訴えるのに
朝5時前に電話してきたこと!

それと、
足は2倍には腫れていない!っていうことですよ。はい。

とりあえず、待合室で母には

makko
makko

あのさ、しんどい時はいつでも電話してくれていいけど、
緊急でなければ4時50分はやめて。
私さ、5時半とか6時に起きるからさ。
寝るのが1時とか2時やからさ。
今日もそこからもう目が覚めて寝不足で頭痛やねん。
頼むからな。そこは。
息が苦しいとか、すぐに来てほしいとか
そういうときは夜中でも早朝でもええからな。
緊急じゃなければ起きてる時間にして。


と言いましたよ~

すると母

ハハ
ハハ

わかったわかった。
寝るのが2時とかなんやな~忙しいんやな~かわいそうに。

って、いつもの言葉~

いやな、かわいそうと思ってたら
そんなことでそんな時間に電話せんやろ!

makko
makko

いや、かわいそうに、じゃなくて~!

ってつぶやいたけど絶対届いてないよね(笑)。

ほんまにいったいどうなってるんでしょうか。
それにね~話し出したら
こっちの話はまったく聞いてないし、
かぶせてきてどんどんしゃべるし
そしてそれに対応した返事をしていても
聞いてないので
全く同じことを何度も繰り返す~
何度も何度も何度も~
オルゴールなん?

不安もわかる。
心配なんもわかる。
しかしながらや!!!
相手の言うことくらいはちょっと聞いてくれ!!
相手の状況くらいはちょっと考えてくれ!

それができなくなるのが
歳をとるということなんでしょうか。
私もそうなっていくということか・・
オソロシヤ・・・・

まったくいつものことながら
疲れます。

ま、そうはいっても
ひとりで頑張って暮らしている高齢者ですから
週イチ、コーヒータイム一緒に、
くらいは、
ここのところなんとかできてるんですがね。

引っ越したのが大きいですね。
以前の家だとどうも行く気にならなかったのに
今のUR住宅は、見晴らしもよくて明るくて気持ちよくて
遊びに行きたくなるおうちなんですよね~
それ大事ですね。

ま、それはともかく、
母の大騒動となった1日なのでした。

しかし、まだ歩けるからいいけれど
歩けなくなったり
認知症が入ったり
1人で暮らせなくなってきたら
どうなるんでしょうね・・
準備はしておきたいけれど
心配ばかりしていても仕方ないから
そのときそのときの最善策を考えていくしかないっすね。

あとはこうやって
ネタにして笑ってないとやっとれん(笑)
ネタですよ、母、あなたさんは!!!(笑)

高齢者あるあるでしょうが
自分もいつかこうなるのだろうか、オソロシイ。

+8

コメント

タイトルとURLをコピーしました