スポンサーリンク
スポンサーリンク

どこで買うか、でなく、誰から買うか。

どこで買うか、でなく、誰から買うか。 こども・家族

ムスメの誕生日リクエストで予約したハルビン

このお店は
私にとっても特別なお店でして。
以前は(といっても30年ほど前(笑))
江坂にお店があったんです。

実は私の思い出のお店ハルビン

私が大学を卒業して会社に入ってしばらくしてから
いつも一緒に行動していた先輩に
連れて行ってもらったお店です。
毎日のように飲みに行っていた時代でしたが、
会社の近くや梅田で飲むことが多かったのに
会社からそこそこ離れた江坂にあったハルビン、
会社から遠いのに、先輩がいつも
タクシーに乗って連れて行ってくれました。

初めて行ったとき
めちゃくちゃ感動したのを覚えています。
そのころは、餃子専門店などなかったし、
餃子といえば、王将の餃子のような形のものしか知らなくて
ええ〜!!
焼き餃子に水餃子、蒸し餃子、スープ餃子、
なになにこれ。
ほんで、皮がもちもちで
こんなおいしい餃子、生まれて初めて食べた!!!
って・・・!!!

その先輩も大好きやったんでしょうね。
何度も一緒に行きました。
そして、夫とつきあうようになったころ
今度は私が夫を何度も連れて行きました(笑)。
本当に大好きだったハルビン。

子どもが生まれてからは
そもそも外食することがほぼなくなって
外食するなら小さい子供を連れていけるファミレスで。

そうこうしているうちに、
再就職し、また飲みに行くようにはなったけれど
それこそ会社の近くが多くて
離れても梅田。
だから、ハルビンのことはすっかり忘れていたんです。

そして、ふと
Facebookでつながっている茨木の友達が載せていた
小さな居酒屋。
その名も「ハルビン」
え!!!!
まさかまさかまさか・・・

調べてみたらば!
もともと茨木で、今のご主人のお父様がお店を開かれて
息子である今のご主人が江坂でお店を開かれて
そしてお父様が引退されて、今のご主人が
江坂のお店をたたんで今の茨木に来られたのだとか。

まじか〜!
あの餃子がまた食べられるのか!!!!!

ムスメの誕生祝に家族で訪れたハルビン

というわけで。
ムスメを誘って
2人で行ったのでした。
実に30年近くぶりに!!!

ああ〜あの味!!!!
注文を受けてから餃子を包むという
丁寧なお仕事もおんなじ。
餃子好きのムスメも
かなり感動していました。
いや〜まじでうまい!!!

お酒を飲まない私たちは
ちょっと異質な存在でしたが(笑)
ただただ感動しながら食べて食べて食べて食べて
お会計〜!
っていう。

ご主人とは話したことがなかったので
この方があのときのあの方(江坂のご主人)だったかわかりませんでしたけど
この味は間違いなくあの味!!

ってことで
ものすごく感動し
それを友達に話したところ、
友達が
「連れて行ってや!」
とのことで、
友達家族と女子5人で再訪。
みんなで感動の餃子ナイトとなったのでした。

そんなハルビン。
今回、予約をして
家族で行きました。

確かに、このお店は、次から次へとお客さんが来ていて
かなり繁盛していたのに
お客さんは少なくて。
とはいえ、どんどん入ってはこられていましたけど
結局お酒を出すことができないので
売上としては減っているに違いなく。

私たちとしてできることは
「おなかいっぱい食べること」!
なので、もう上からガンガンと頼みました!

焼き餃子!

ハルビン


水餃子!

ハルビン水餃子


蒸し餃子!(写真撮り忘れ。せいろに入ってる!)
ごはん!
ちまき!(写真撮り忘れ。栗と角煮が入ってる!むちゃくちゃうまい!)
豚肉とネギ炒め!
(水餃子とならぶ看板メニュー!)

ハルビンねぎ豚


中国豆腐!
(追加注文した!みんな大好き!)

ハルビン中国豆腐

角煮もスープ餃子もとてもおいしいのですけど
もうおなかがパンパンで。

初めてのムスコも
美味しい美味しいと
感動しながら食べました。
本当においしいものって
幸せを運んできますよね〜
いつもそうですが
それに本当に感動します。

コロナで夜の営業がなかなか難しいからと
ランチを始められたとのこと。

ハルビン


かなりお得やんか!!!!
見るなり、ムスメと
「ランチまた来ようで!」
「いつにする?」
と計画立てたって(笑)

もうこれ以上は何も入らん!
というくらい
おなかいっぱい食べて

宣伝して
たくさんの人に来てもらいたい!
(なくなったら困る!)
と、我々みんな
インスタやストーリーに載せて

大満足のハルビンナイトとなったのでした。

で、お会計〜
3人で6千いくらなり〜(覚えてない)
安っ!!
お酒飲まないですからね。
安いんです。
安くて申し訳ないくらい・・・

もう何も入らんくらいおなかいっぱいでした。

そしてまさかの。

会計したあとご主人に

makko
makko

電話かけなおしてきてくださって
本当に助かりました!!!
こちらにどうしても来たかったので!


と言ったら
ご主人が一緒に外に出てきてくださり
見送って下さるのかなと思いきや
外にある物置をがらっとあけて
そこから出てきたのは

ハルビン花束


まさかの!
ステキな花束!!!!!!

ええ〜!
まじで!
誕生日と言ったから???

ご主人
ご主人

いつもするわけじゃないんです。
なんでかわからんけど、今日は贈りたくなったんです。
ムスメさんが誕生日で、うちの餃子を食べたいと言ってくださったと聞いたので。

って〜!!!!!

いやまじで!
なにこの粋な計らい!

餃子1人前サービス!
とか
デザートサービス!
とか
そういうんじゃなくて

花束!!!

しかも常連でもなく
ちゃんと話をするのは初めてやのに。

ムスメは大感激して
私たち家族も本当にびっくり嬉しく
丁重にお礼をお伝えし
しばらくそこでご主人と話をしたのでした。

ご主人がもう還暦であること。
還暦のお祝いにご家族でお祝いの旅行に行かれたこと。
息子さんは25歳で娘さんは15歳、
いろいろと心配要素がたくさんあるけれど
ご家族がいたからここまで頑張ってきたのだという話。

へぇ〜!!!!
全然知らんかったです!
ご主人はいつも黙々と餃子を作っておられて
あまりお話しするタイプじゃなかったから
初めてお話ししましたけど、

いきなり大ファンになりました。
いや〜こういうのって本当に。
ファンにならない人いますかね。
結局のところ、
美味しいからあの店通う。
よりも
あのひとおるからあの店通う。
のほうが強いんですよ。いやほんと。

どこで買うか、
でなく、
だれから買うか。

結局これっす。

このお店の常連になる!

我々家族はそう決めました。
車で行くほどには離れた場所ですが
遠いわけでもない。
なにかあるたびに、絶対行くで!

そう決めたんでした。

いや〜本当に。
人です!

ご自身のご商売が
こんなに大変なときに
人のことを思いやる余裕などないはずなのに
しかもそもそも常連でもなく
話もしたことなかったのに
誕生日であるムスメを思って
花束を選んで買ってくださった。

その気持ちがうれしすぎて。

私もそうありたい
つくづく思いました。
ムスメもこの気持ちを受けて
きっと誰かにこの暖かい気持ちを返していくことでしょう。

一生忘れられない
素敵な夜になりました。

茨木駅前のハルビン
近い方もそうでない方も
是非一度、
こんな素敵なご主人の
絶品の餃子を味わっていただければと思います。

+10

コメント

タイトルとURLをコピーしました