スポンサーリンク
スポンサーリンク

親はいつも救急隊( 一一)

親はいつも救急隊( 一一) こども・家族

ほんまにお盆は

というか世間の休みウイークは
いろいろあります。

けっこう今週から仕事、って人も多いらしく
今週ずっと休みのムスコは

ムスコ
ムスコ

誰か遊んでくれへんかなぁ~

と、遊ぶ相手をさがしとります(笑)

なんだかんだ、まだ休みの子が見つかって遊んでるみたいですけど。

かと思うと、土曜の予定は
あっちとこっちが重なって
どっち行こう・・・?
とかなってます。

ま、ありがちやね~。

でもまだ遊んでくれる人がおってよかったやん。ほんま。

ムスメからの電話

そして先日のお話。

ワタシは普通に仕事をして帰ってきたんですが
ムスコもごろごろしていて
一緒にごはん食べまして

デザート食べたり
テレビを見たり
お風呂も2人とも入って
まったりしておったんです。

ムスメはバイトで
やっぱりこの時期忙しいので
帰宅はたぶん23時は過ぎるやろなぁ~
と思っていたんです。

そしたらば!
23時半ごろに連絡。

ムスメ
ムスメ

終わってんけどさ・・・!

やっと終わったかと思っていたら

ムスメ
ムスメ

車っていま使ってない?

ときた・・

まさかまた夜アイスいくとか?

なんやろうと思いながら

makko
makko

使ってないよ

と返すと

ムスメ
ムスメ

ごめん!
大阪市内に住む社員の子が

終電なくなったみたいで。

ときた~!!

自分が送っていくということか・・
それとも私に送っていけということか・・

しかしムスメは職場まで自転車で行ってるはずやし・・・
いやでも私に送ってほしいんかな?

と思いつつ

makko
makko

送っていきたいけど

もうコンタクトとってしまって

眼鏡で運転はちょっとこわいな~

と返すと

ムスメ
ムスメ

あ、いいねん。私が送って行くから!車あるなら。

と。

しかし・・自転車はどうする???
と思った瞬間

ムスメ
ムスメ

お兄、おるやんな?

お兄、車でここまできて、

私の自転車に乗って家に帰ってくれたりするかな?

って・・・・(笑)

待って待って、どんだけ人使うねん!(笑)

もちろん、終電なくなった子は気の毒やし
送っていくのはよいけれども
自分の自転車を家族に乗って帰ってもらおうというその考えよ。

女王なん!!!

夫に対しては、
ムスメは父親に強いので
まぁ小間使いのようにあれこれ顎で使っておりますが

まさか私やムスコまでもがそんな対象になるとは(笑)。

ムスコは聞いて

ムスコ
ムスコ

あいつほんま~なめとんな!

と、笑って言いながらも
行く準備を始めるっていう。

ええ兄ちゃん!(笑)

しかし深夜やし、
大阪市内の運転は
やっぱりちょっとこわいなぁと思って

makko
makko

ママもついていこか?

と言うと

ムスメ
ムスメ

え!まじで?

私が運転はするけど

帰り眠くなりそうやから

ママ乗ってきて

私に話しかけておいてくれる?

って(笑)

そういうこと!

私も使う!!

最強ですよムスメは。

かくしてムスコと車で

そんなこんなで
ムスコと一緒に車でムスメの職場へ。

そこにはかわいらしい女の子とムスメがおりました(笑)。

ムスコはそこでおりて
ムスメの自転車で家に帰る!(笑)

そして私は後部座席に乗って
ムスメとその社員の女の子が前の席へ。

いや~そりゃ、ええけども。

終電なくなったなら
うちなんか職場からすぐ近くやねんから
なんぼでも送っていってあげる。

しかし、ムスメの家族の使いようはなかなかっす(笑)。

その社員の子のうちに送る道すがら
話をしていたらば
どうやら地方から大阪に出てきて
しかも大学は地元で
就職で大阪に出てきて一人暮らし・・!

makko
makko

じゃあ大阪に友達とかおらんのちゃうん?

と聞いたら

ひとりもいません!

って言ってました。

まじかぁ~!!!

転勤とかならわかるけど
仕事で違う土地へ・・・!!

しかもその理由

実家を出て一人暮らししたかったんで!

ってことでしたけど
それにしたって遠すぎでしょ!!

いや~大変っす。

しかもムスメの職場は
あの、休みが1日もない店長と
早朝から夜遅くまで働くパートさんのいてる
超ブラック職場!!!

人はみんないいそうですけどね!(^^)!

makko
makko

休みとかあんの?

と聞いたら

週イチですかね!

って~まじで~!!!

makko
makko

それ、労基法違反やで!

訴えたほうがいいんちゃうか!

と言ったら

いや~でもある程度は覚悟してました。

飲食はそんなもんやって。

しかも、あんな店長やパートさん見てたら

自分だけ休みたいなんて言えないです!!

と言うとりました・・
ムスメと同じこと言うやん!

いや~しかしほんと大変だ。

こんな終電なくなるまで働いて。

でもやっぱり、ムスメがいつも言うように
店長さんのお人柄のすばらしさと
パートさんの明るさと
いい人たちに囲まれているから
きみたちは頑張っているのだな!
ってめっちゃ思いましたよ~

よくよく聞いてみたら
社員のその子は
ムスメと同い年やったしね。

偉いわほんと。

ムスコの職場なんて
なんだかんだいってらくちんやんかと
思ってしまうっていう。

まぁムスコの場合は、
一日中、外での作業というしんどさはあるでしょうけど。

しかしこんだけ働く若手社員・・・
生き生き楽しそうに働いているのはよいけれど
やっぱり心配だわおばちゃんは。

というわけで結局私は

そう。

結局。なんだかんだで
そうやって
ムスメの職場の方と出会えて話ができたのは
とってもよかった!(^^)!

しかも地方から出てきて一人暮らし。
友達もおらんと聞いたら
おせっかいをやきたくなるよおばちゃんは。
なんかおいしいもんを差し入れにもっていってあげたらどうかと
ムスメに言うてしまうよそりゃ。

そりゃな。
同い年のムスメがいるわけですから
親御さんはさぞかし心配なことでしょう・・!!

こんなハードな職場、
しかもひとりで暮らしてやってるんですから。

と、そして、こうやって
ムスメの職場の方を送っていって思ったんですが
以前もこういうことがあったなぁと。

ムスコが高校のころ、
陸上部の試合があって、そのあと電話があって

ムスコ
ムスコ

おかあさん、ひま?

いまさ、友達の女の子が体調悪くなって・・

家が〇〇市やねんけど(近くです)

送っていってあげてくれへん?

って。

しかも、送っていく車に
当のムスコは乗らんという(笑)。

ムスコはまだいろいろやることがあって
帰ることができないけど
その子の調子が悪くなったから
どうしたらいいかと困り
電話をしてきたということらしく。

隣にいたムスメに

ムスメ
ムスメ

ママはいつから救急車になったん?

と言われたことを思い出しました(笑)。

あのときはムスメに一緒に車に乗っていってもらって
その女の子を現場でひろい、
家まで送っていったなぁと。

よくよく考えると私は
どうやら緊急対策要員のように
子どもたちに使われているのかもしれません(笑)。

とはいえ、私もそれはいやじゃない。

頼られるのもうれしいし
なにより、子どもたちの近くにいてる子たちに会えて
なんだかほっとするし
感謝もするというかなんというか。

安心するからなのかなぁ。

いやほんと。

便利に使われているだけの親ですけど(笑)

それでもおもろい経験はネタにはなります。

そして、そのムスメの職場の子は
なんとなく特別な気持ちを持って
これから気になる存在になりそうな気もしてますよ。

そんな平日の夜。

帰宅したら夜中1時でした、チーン。

わたしゃ、次の日ももちろん普通に仕事です(笑)。

+19

コメント

タイトルとURLをコピーしました