スポンサーリンク
スポンサーリンク

またもムスメにゲキオコ。

またもムスメにゲキオコ。 こども・家族

奥さん聞いてーや!!!

いや~まじで毎度のことながら
びっくりっす。

友達とムスメの話をしていて
(そちらのムスメさんは我が家のムスメととても似ている(笑)。)

トモダチ
トモダチ

なんかさ~大学終わって、私の職場と近いから

乗せて帰って(友達は車通勤)っていうから

最寄り駅で待ち合わせしてん。

仕事やからすぐには終わらんやん。

ちょっと待っててなって言うててんけど

30分くらい待たせてしまって

駅に迎えにいったらめっちゃ怒っててさ~

「こんなことなら電車で帰ればもう家にかえりついてた!」とかさ~

いやいやアンタが電話してきて待ってもいいって言うてたやん!って話やん。

どんだけわがままなん!

ってさ~

そこのお嬢さんは
私もよく知ってて
一緒におでかけしたり泊まったりしたこともあったんですが
もうどこまで優しいねん?っていうくらいに優しくて
ほんまにええコなんです。

でも、親にはこういうわがままを言う!

それがムスメと似すぎていて
聞いていてほほえましいというか(笑)。
わかるだけに。

がしかしです!

我が家のムスメも同じとわかっていても
うちでこれが出るともうホンマにむかつきすぎる。

っていういつもの話です( 一一)

その日は大雨だった。


ある朝のこと。

ムスコはゼミで大忙し。
朝7時に起きて7時半に車で出る予定で

私は6時すぎに起きてみたらば
びっくりするくらいの大雨!

いやほんま。どうよ!

少ししたらやみそうやけど
私もムスコと同じ時間に出るので
まだ雨は降ってるんだろうな~

と思いながら

7時半なら私も出る時間と近いし
そこまでに準備して
ムスコに最寄り駅まで送ってもらおう!

と思い立ちまして

しかしちょっと思ったのは
その時点で
その日にはテストがあるからと
早朝から起きてテスト勉強をしていたムスメ・・・

ムスメのテストは2時間めらしいので
そんなに早く家を出なくても
10時前に家を出ればいいはず・・

でもなかなかの勢いで雨が降っているし

もしかして
私がムスコの車に乗せてもらおうと思っているように
ムスメも乗せてほしいのかも・・・

なのでムスメに

makko
makko

スゴイ雨やな~!

1号(ムスコ)に駅まで送ってもらおうかなぁ~・・

7時半に出ると言ってたから

あと30分で大急ぎで準備しようかなぁ・・・

と言ってみたら(ムスコはまだ部屋で寝ていた)

ムスメ
ムスメ

そうしたらいいやん!送ってくれるやろ!

もうすぐ出るんやんな。

私はたぶん間に合わんわ~

2時間目やしな~

とのことで・・・

ちょっと申し訳ないなと思いながら
まぁ時間も同じやし、私だけ送ってもらうか!と思い
ムスコを起こしましたのです。

そこからがヤバかった。

ムスコ
ムスコ

すごい雨やん~!

僕、7時半に出るけど、それでよければ

駅まで送っていくで~!

そのまま僕は大学(実験場)に行くから~

と言うので、準備していたらば。

ムスメが

ムスメ
ムスメ

スゴイ雨やから私も送ってもらおうかなぁ。

何時に出るん?間に合うかなぁ。

と言い出し!

いやいや、もう7時過ぎてるし、
アンタの準備は30分やそこらじゃ終わらんやろ!

と思いながら

makko
makko

7時半に出るから

間に合うなら準備したら?

ムスメ
ムスメ

え!7時半なん?

そりゃ間に合わんかもしれんな~

と言いながら!
(7時半ってさっき言うたやろう!と思いつつ)

私はさっさと準備をしたわけです。

こりゃめんどくさいことになりそうやなと思っていたら
案の定・・・

ムスメ
ムスメ

もう7時半やん!

間に合わんわ!

化粧もまだ全部できていないし、髪の毛もしてない。服も着てない。

無理や~~

ああ~それならテスト勉強してればよかった。

中途半端に化粧始めてしまったから時間ロスしたわ~

だいたい、ママがお兄の出る時間を言うのが遅すぎたわ。

もっと早く言うてくれたら準備できたのに!

って。。。

ムスコ
ムスコ

7時半じゃなくて40分まで待ったら間に合う?

ムスメ
ムスメ

それはわからんわ!間に合うかもしれんし間に合わんかもしれん。

間に合わんかったら、「待ったのに!」って言われるから、

ええよ、もう行ってくれたら!

って・・・でた~~~

それでも手を止めずに
化粧して準備はしてるわけです。
(つまり乗っていきたい意志表示)

いったいどうやねん。

そうこうしてるうちに40分になり

makko
makko

まだかかるようなら1号(ムスコには行ってもらうけど、

どうなん?

ムスメ
ムスメ

無理!まだ髪の毛もやってないし・・・

makko
makko

じゃあ行ってもらうな!1号もゼミに遅れたらあかんし。

ムスコ
ムスコ

あと10分ならええよ。

2号(ムスメ)、50分やったら準備できる?

ムスメ
ムスメ

わからん!

できるかもしれんしできんかもしれん。

ムスコ
ムスコ

わかった。じゃあ車を正面玄関に出しとくな。

で、50分になっても準備できんかったら僕は行くわ。

お母さんだけ乗っていく?

makko
makko

いやもうめっちゃギリギリやから私はええよ。

私も歩いていくから、2号(ムスメ)も歩いていこう。無理なら。

ムスメ
ムスメ

いややママとは行きたくないから

ママは車乗っていって!

どうよ!!

というわけでムスコは車を出しに行き・・・

makko
makko

あと5分で準備できるん?

ムスメ
ムスメ

わからん。できるかもしれんしできんかもしれん。

もう先に行ったらええやん。

を繰り返し
時刻は
50分、チーン。

ムスメはまだ準備できてなかったのでムスコに電話し

makko
makko

まだ準備できなさそうやから、もうええよ!行って!!!

ムスコ
ムスコ

ほんまにええの?わかった。じゃあ行くな。

ごめんな。

ガチャン!
と電話を切った瞬間、
ホンマにその瞬間ですよ!

ムスメ
ムスメ

できた!準備できた!

どーなんよそれ。
電話した瞬間に準備できるとかありえんし。

でも、そう言うので、あわてて再度ムスコに電話して
準備ができたようやからすぐに行くよう伝えて

makko
makko

振り回すのもいいかげんにしてや!

1号(ムスコ)だって間に合わんようになるやろ!

できたならはよいこ!

ムスメ
ムスメ

待って。もう少しでできるから!

ええええええ~!

準備できたと言うてたのに
実はできてなかったんかい!
なんとしてでも車に乗っていきたいという、そういうことか?
まじ、ないっす!

そうこうしてるうちに55分!!!!

ようやく準備ができて出ようとしたら

ムスメ
ムスメ

携帯あるかな。宿題あるかな。

計算機あるかな。

忘れもんないかな。

ああ~あせって忘れもんしたらあかんから

やっぱり先行ってもらおうかな。

出発時間もっと早く言ってくれたらちゃんと行けたのに!

いやまじで。
なにさま!!
まぁこのやりとり、ここに書いてる数倍はあったんですよ。
押し問答。
行く、行かん。
準備できた。まだできん。
ママが悪い。もっと早く言ってくれたらよかった。
だいたいこんなすぐに準備できるわけない。
等々・・・

とりあえず、無理やりひきつれて外に出て
正面玄関で車で待ってるムスコのところへ・・

もう8時ですよ!!!まじで。

というわけで、とりあえず最寄り駅まで行く~。

ムスコは間に合うんかしら・・・
心配しつつ車をおりて
ムスメと2人になったけども

2人とも完全にむかつきすぎて
距離をとって歩く・・・
一緒の電車で行く気は私もせんって!!!!

ムスメは改札を入ったらすぐに
トイレに入って化粧の続き・・・

私もあまりにむかむかして

makko
makko

私、次の電車で行くから。

と言ったら、返事なし。無視~!

ほんまどうよ。

というわけでその後

私はもう次きた電車にさっさと乗りましたとも。

ほんまにマジでありえない~!

どんだけ自己中なん!!

ムスコがこんだけ待ってくれたのは何やと思ってる!
その上、何度も私を責めてくる!!!

私、関係ないやんけ。

しかし、ここで言い合いになったら
余計にややこしいことも知ってるので
私も完全無視。

とりあえずの意志表示として
話もせずに私は先に行く。

最寄り駅に一緒についたら
基本、同じ電車に乗って行ってたので
こんなことはないことなんですが
私もあまりに腹立ちましてね。

まじないわ!!!

という朝なのでした。

でも、続くねんこれが(笑)。
また明日~

+6

コメント

タイトルとURLをコピーしました