スポンサーリンク
スポンサーリンク

母がコロナ差別を受けた話

母がコロナ差別を受けた話 こども・家族

緊急事態宣言ももうすぐ終わって
大阪はまん延防止になるとかなんとか言うてますが
コロナワクチンもすごい勢いで
接種の波がやってきてますよね。

会社でも、接種するよ~、のメールがきたりで
はぁ~なんていうか
考える時間もないのね、
とちょっと戸惑ってます。

本当にあるんやこんな話

コロナコロナで1年以上
世の中の流れがすっかり変わってしまった昨今ですが

近くでもコロナ陽性者が出た利することも何度かあって
母の通うデイサービス施設でも
何度か陽性者が出たり休みになったりで

それも珍しくない感じになりました。

で、先日、母の通う施設でもコロナ陽性者が複数人出たらしく
施設がお休みすると連絡があり
母は濃厚接触者にはあたらないものの
同じ施設に通っていたことから
希望者はPCR検査を受けられるとのことで
念のため母も、いい機会だからとPCR検査を受けました。

結果は陰性。

ま、そうやろな、
濃厚接触者ではないし、
と安心はしました。

その後、しばらくして
いつものかかりつけの皮膚科に行ったらしく
そこで先生に
世間話のひとつとしてこの話をしたそうです。

濃厚接触者ではなかったけど
希望者は検査できるというのでPCR検査を受けたこと。
そして陰性だったこと。

そしたら思いがけず!

そこで医師がいきなり怒り出し!

皮膚科医師
皮膚科医師

は!?なんでこんなところでうろうろしてるの!?

なんで出歩いてるの?

PCR検査なんて1度陰性だったからといって本当に陰性かわからないのよ!

今日は診察しないから帰って!!!

もう一度、この病院に行ってPCR検査を受けて陰性だったら

その証明を持ってきたら診察もしてあげるけど、今日はだめ!

出歩いたらだめでしょ!

ワクチンをうちで予約しているけど、それももう一度PCR受けて陰性が確定してからじゃないと打たない

と言われたと!

聞いてびっくりしましたよ。いやほんまに。
そんな話ってある?

濃厚接触者ならまだしも
濃厚接触者ではなくて
任意でPCRを受けただけの話。

診察しないから帰れとか!
PCRもう一度受けろとか!
こんなとこうろうろするなとか!
ワクチンも受けさせないとか!

ドクターハラスメントもはなはだしい!

コロナ差別ってこれか!
しかも詳しいはずの医師が!!!

びっくりして腹が立って
これはもう医院に乗り込んでいこうか
電話でクレーム入れようか
マスコミに公にしてもらおうか
ネットで発信するか

瞬時にいろいろ考えましたよ。

それを言われた母が
どれだけショックやったかと思うと
絶対に許せない!と思いました。

母は、私に言う前に、ケアマネさんにその話をしたらしく
ワタシが逆上したその瞬間に
ケアマネさんからLINEがきました。

「話をお聞きして、先生の対応、言い方などすべてに納得できず
保健所に電話報告してコロナ差別だと思うことなど伝えました。
(中略)
クリニックに対して保健所からひとこと言ってほしいということであれば
電話して伝えますと言われています。
ムスメさんからも、そのようにしてほしいというこということならお電話してください。
担当者は~さんです。(電話番号)

〇〇さま(母)、今日は病院に行って
はじめてあんなことを言われたと、かなりショックを受けておられます。
ご配慮よろしくお願いいたします。」

って・・・・

まじで。

なんていいケアマネさんなんだ。
凄く評判のいいケアマネさんと聞いてはいたけど
そしていつもこうやって寄り添ってくれるけれど

今回はあまりに私の気持ちと同感すぎて
しかも、家族のように母の気持ちを考えてくださり
憤りを感じてくださって
まさか保健所に電話までしていただいたとは。

いや、母はめっちゃ幸せやん。

そう思いました。

そして逆上して「医者に乗り込むぞ!」と思っていたけれど
そうかそうやって第三者からしかるべきクレームを入れてもらう
指導してもらう、ということが大事なんじゃないか、

さすがは経験の豊富なケアマネさんやなって

ありがたかったです。本当に。

その後ちょっと調べてみましたけど、
こういうふうに医師の納得できない言動に対しては
医師会に連絡したり、保健所に連絡したり、
いろいろ方法はあるようですが
ワタシの地域では、保健所に「患者の声」の窓口があって

そこに連絡して、必要と認められれば
保健所から医師への指導があるようでした。
まじでケアマネさん、すごいって。

早速次の日、保健所に連絡したら

昨日ケアマネさんからお話お聞きして

保健所内でも話し合いをしました。

全員一致で、それは医師の認識不足、知識不足で

あまりにもひどい言動だったという話になりました。

ご家族がご要望されるのであれば、こちらから医師に連絡し

指導したいと思います。

とのこと。
まじ、ケアマネさん、神。

しかしまじでびっくりしましたよ。
お医者さんが人格者であるとは思っていないけれど
少なくとも、偏見や差別でしかない言動を
当たり前のようにするのはやっぱり許せません。
ほんま。

そういえばこんな話もあった

この話を友達にしていたら
看護師の友達も言うてました。

「わかるわかる!びっくりしたことあんねん!」
と。

「私らの仕事上、濃厚接触者でもなければ発熱もしてないけど
病院や施設で働くから、
しょっちゅうPCR検査を受けるやんか?

そしたら、同僚のお子さんが通う保育所から
家族がPCR検査を受けている場合、陰性の結果がわかるまでは
登園は禁止。お子さんを預かれません。

と言われたらしくてさ。

『濃厚接触者だからPCRを受けてるんじゃない』と何度説明しても
いかなる理由からであってもPCRを受けている家族がいる場合は
保育所では受け入れられない』って言われるから
子どもを預けられる場所がなくて仕事を休まないとあかん人らがいてさ。

いやそんなんおかしくない?

PCR検査受けたらあかんって話?」

ってね~

巷ではこんな話、
普通にあるんやな~
って

あまりにひどい話ですよね。

いやほんまに。
偏見と知識のなさが露見する例
たらふくあるようです。

そして母は

ってことがあって
とりあえずその皮膚科には
保健所から指導してもらうことになり

母は違う皮膚科を見つけて
主治医(整形外科の先生)に紹介状を書いてもらって
通うことに決定したのでした。

ワクチンもどうする?ってことになりましたけど、
またその親切なケアマネさんが
ご自身が通われているお医者さんで
ワクチン接種の枠がないか聞いてくださったようで
キャンセルが出て1枠あいているところに
入れてくださったそうです。

本当に母のケアマネさんは
すごいです。
心から感謝しかありません。

しかしこんな歳になって
そんな悲しい思いをしたかと思うと
腹立たしいやら悲しいやらくやしいやら。

ワタシのほうがずっときつい説もありますけど(笑)
でもやっぱり許せなかったです。
身内ってこんなもんなんですかね。

でも、医者に納得できない場合は
保健所の相談窓口へ。
ひとつ、勉強になりました。(そこ!?(笑))

+7

コメント

タイトルとURLをコピーしました