スポンサーリンク
スポンサーリンク

家にいる若者から教わること

家にいる若者から教わること こども・家族

夜中にリビングでテレビを見ていたら
たまにやってくるんです訪問者が。

昨日はムスコが夜中1時を過ぎてから
ふっとやってきて

ムスコ
ムスコ

コーラ飲もう~!

ってコーラをコップに入れはじめ。

テメーはアメリカ人か!

makko
makko

あんた~来年から1人暮らしになったらもうそういう砂糖水、飲むのやめや~!

絶対、水にしときや~!身体こわすからな!!!!

ってやっぱり言うてしまいます~。

こういう母のひとことを
1人になったときに
ふっと思い出してもらいたくて
ガミガミ言わなかったワタシも
最近けっこう言うことが多いっす。

ムスコも意外に素直に

ムスコ
ムスコ

せやな~。気をつけるわ。

なんて言うんです。

大人になったな~、と感じて
うれしいやら寂しいやら(どうやねん)。

夜中に教わる最近のバズりごと

そしてなんとなく雑談していたらば
ムスコが

ムスコ
ムスコ

なんかyoutubeのオススメで
和田アキ子の新曲出てきてさ~

聴いてみたらな、けっこう中毒性あるねん。

Adoみたいな曲やねん。

と言うやん。

makko
makko

和田アキ子!!!?へぇ~そうなんや~

と言うてたら

ムスコ
ムスコ

ちょっと調べてみてみてや~

って絶対、同じ体験を求めるムスコ(笑)。
いっつもそうやねん(笑)。

靴、はいてみてや~

服、着てみてや~

動画、見てみてや~

って(笑)

で!調べてみたんっす。

そしたらば!!!!

和田アキ子チャンネルにある
和田アキ子の新曲「YONA YONA DANCE」

再生して見てたら
ムスコが一緒に歌いだすっていう。
どんだけ見てんねん(笑)。

でも確かに、Adoの「うっせいわ」っぽい~(笑)。

もしやこれ、バズるんちゃうの!

と思っていたらば、
なんともうすでに。
一般の方々の動画がめっちゃアップされてました。

特にtiktok!!

「和田アキ子YONAYONADANCE踊ってみた」

の動画の多いこと!!!

びっくりしました。

若い子たちがめっちゃこの曲で踊ってる!!

ほんでまた、tiktokの和田アキ子チャンネルで
その裏側を撮影して流してるんです。
和田アキ子がこの振付を練習しているところ。
全然覚えられなくて、うわーん、ってなってるところ。

なるほど~~!!!

戦略~!!!!

完成品でなく過程が売れる時代

最近、オンラインセミナーを受けて
結構有名な先生が
西野さんがずっと言ってることと同じことを言ってて

まさにな~

って思ったんです。

要は、今は、どんなものも完成度が高く、
食べ物もおいしいものはどこにでもある時代となり
完成品が売れる時代ではなくなった。

その過程を売る時代なんですね~
過程にこそ価値がある。
そして、その過程を知ることで
ファンができ
ファンができたらもう何でも売れる
信頼が売れる時代となったんですね~。

嘘でかためられた美辞麗句や
営業的な戦略は
やすやすと見破られ

本当の姿を見せることや
不完全な過程を見せることで
嘘のないその真実に
人は魅了される
んですね~。
応援したくなる。

和田アキ子さんは、
どうやらレコード会社を移籍されたらしく
今若者に一番注目されているロックバンド・フレデリックが楽曲プロデュースを担当して
この曲を出したそうですよ。
それがこうやってバズりつつあるという。

すごいですね~。

思いもかけないものがバズることもあれば
おそらく戦略であるこういうものがバズることもあって

でも、想定以上のバズり方なんじゃないでしょうか。

まぁ~tiktokでの若者たちの動画、ヤバイっすよ。
「踊らにゃ損(歌詞です)、ギターで弾き語りしてみた」とかもあるし!

はぁ~。時代ってすごいです。

家に若者がいるといろんなことを教わる

昨日の、コスメもそうですけど、
家に若者がいてると
今の時代を教わりますね~。ほんと。

なんか自分の価値観はなんやったんやろうと
思うことがとても多く

そして、自分がいかに
どうでもいいことにこだわっていたのか
そんなことにも気づきます。

世界はこんなにも自由で
昨日流行ったものと
正反対のものが今日流行る。

自分のこだわりなど
そんなにこだわるべきものではなかったのだと

実は世界は広く楽しく
自由で奔放で
楽しみに満ちている。

そんなことを教わる気がします。

あな楽し。

ま、ムスコはもうすぐ家から出ていきますけど。

アラフィフのアタマのかたいワタシに
いろんなことを教えてくれる存在です。

楽しいな~しかし。

そして和田アキ子、耳から離れません(笑)。


+8

コメント

タイトルとURLをコピーしました