スポンサーリンク
スポンサーリンク

アラフィフであることを認識した日

アラフィフであることを認識した日 できごと

ほんまに仕事でいろいろありまして
(なんもないときないがな)

先日、めっちゃ早くに会社に行きました。

始業10時やのに
7時半ごろには会社に着いたで。

どうよ!

この時間って、

お掃除の方が入ってるんですよね~。

会社のひとたち、みんな知らんと思うけど
お掃除の方は、床だけじゃなくて、
机の上とか
パソコンのほこりとか
そういうところまで毎日めっちゃきれいに
掃除してくれてはるねん。

見るまで知らんかったけどな。

30年前に出会ったお掃除の方

昔、テレビ番組制作ADだったころは
徹夜はもちろんのこと
1時間、2時間の仮眠を
会社のあちこちでとるという毎日だったので

朝早くにお掃除のおばちゃんが来て

makko
makko

うわ~びっくりした!

って飛び起きることが多かったです。

てか、びっくりすんのはむこうやろう(笑)

うわ~こんなとこに人間が!

ってくらいに
床にころがってたり
椅子を何客も並べてその上に寝たりしてんねんから・・

なので、
たまに自分が朝早く行くと
あのころのことを思い出します。

いや~仕事の内容的には
今に比べたら
ほんまにしんどかったよなぁって。

AD時代は、
とにかく仕事ができず
叱られてばかりで
にこっと笑って話してくれるのは
この朝の掃除のおばちゃんくらいだったなぁって

そんなこと思い出したりします!(^^)!

ありがとう、おばちゃん。

びっくりぎょうてん

いや~私が朝そんなに早く会社に行くときって

あれもこれもそれもしなあかん!
っていう、もう
目がつりあがりまくりのときなので

朝会社についたら
1分も無駄にしないで働きたいわけです。

なので、掃除の方がおられても
挨拶しただけで、

その後は一心不乱に仕事してるんですが

今回おられた方は

ちょっと話しかけてこられたんです。

よく朝早く来られてますよね~

大変ですね~

って・・

以前の掃除のおばちゃんと違う方やな~と思って
え~よう知ってんな~と思ったんですが

私たち、違う階をローテーションで掃除していて

以前ここを掃除してた人に聞いたんです。

いつも朝早く来られて仕事されてるって。

お子さんもいらっしゃるんですよね?

って(驚)!!!

おいおいまじで!

そんな話、したことあったっけな??????
なんかかなりびっくりしました。

そんな個人的な話をする関係でもなかったし
そもそもほんまに、私の目はつりあがっていたはずで
挨拶以外の余裕なかったけどな、って思いながら。

でもたぶん質問されて答えたんでしょうね。

そういえば、以前のおばちゃんは

今日はこのあと、孫の幼稚園のお迎えいかなあかんくて・・・

なんて話をしてはって
へぇ~お孫さんおられるのねと
思ってはいたけど

きっとそのときに話したんやろね~。

で、今回、このおばちゃんに

お子さんいくつですか?高校生?

と聞かれて

makko
makko

あ、もう社会人と大学生です~

成人してるんですよ~

というと、たいそう驚かれ

ええ~!めっちゃ若いから・・

びっくりしました!

って(笑)

まじでまじで。ありがとう。もっかい言って(笑)。

そしたらそれより驚いたことに

うちの子は高校生なんですよ~。

女の子でね~。

って・・・・

はいはいはいはい?
孫じゃなくて?

お子さん!!!???

いやいやまじやん。

お子さんやん。

「掃除のおばちゃん」とか失礼なことを言うてたけど(思ってたけど)

私より年下ちゃうんかーい!もしや。

てか!!!!!

人間ってオソロシイ。

ずっと同じところで働いていると
感覚がマヒしてきて
自分が30年前と同じ外見だと
同じくらいの年齢だと
しらんまに勘違いしてることがあるねんな。

全然そんな気はなかったけど
たぶんそうやわ。

普段、自分の姿は自分から見えないから。

何十年も同じ建物で働いているので

20代のころ見た「掃除のおばちゃん」と
同じように見える「掃除のおばちゃん」。
そして20代の自分。

いやいやちゃうねん
実は、もう、
掃除のおばちゃんよりも
ずっとずっと自分のほうがおばちゃん!!!

なんやったらおばあちゃん(笑)。

若いですね~と言ってくれたその方も
客観的に見れば
同年代だということに
ここで改めて気づくっていう現実よ。

これが、近所で会ったら
同い年くらいかな~
私より若いかな~
なんてきっと思うんですが

この場所で
「掃除のおばちゃん」という概念
ずっと昔からみていると

ここでの自分はめっちゃ若いまま。
な錯覚!!!

こわ!

もっと自分を顧みよう

そう。
いやいや自分よ。

いろいろ勘違いしてやしないかい。

もっと自分を顧みよう、
と思いましたわ。

思いあがるのもいい加減にせい!

そこから、
その掃除の方と
話が盛り上がってしまいまして(笑)

てか
掃除の方と話が盛り上がったんは
マジ初めてですけど(笑)。

いきなり、
「ひととしての関係」ができる不思議よ。

それまでお互いに
同じ部屋でそれぞれの仕事をしていても
とにかく黙々と仕事する、
という関係値だったのに

いきなり「かかわりのあるひと」になるっていう。

その日も忙しい朝でしたけど
ちょっと心あたたまるひとときでした。

いや~もうええかげん
まさかとは思うが
アラフィフであることを認識せいよ、自分。

そんな朝でした。

+13

コメント

タイトルとURLをコピーしました