スポンサーリンク
スポンサーリンク

親子の思いは世界共通

親子の思いは世界共通 こども・家族

ムスコが東京に行ってしまった後の土日。

ふっとムスコの部屋をのぞくと
めっちゃきれいに掃除されてるやん。

廊下に服が散乱(持っていく持っていかんの大騒動の残骸)してるから
部屋もさぞかし・・・

シーツくらい洗っておこうかとのぞいたら
ガラーンときれいだった件!

びっくりしたっす!

やっぱけっこう几帳面なとこあんのね~。

ムスコのいない週末はなぜかゆったり(笑)

大人になったとはいえ
家に子どもたちがいてる週末は
なんとなくせわしない。

誰かが車を使うとかないのか?
送迎は必要か?
ごはんは大丈夫か?

・・・等々。

気にしなくていいと言うけれど
ご飯作ったら食べるしな!

やっぱりいるんやんか!
って思ってまうやろ(笑)

なので、ムスコがいないと
とりあえずムスメのことだけ気にしていればいい。

まぁ通常もこっちのほうがメインですけど( 一一)
ムスコは送迎しろとは言いませんからね!

アカデミー賞を見て

そう!!

「ドライブ・マイ・カー」がアカデミーで
長編なんちゃら賞をとって

ああ~さすがやな~
あの独特な、人生への向き合い方って
世界に通じるんやぁ・・としみじみ思い、

インタビューに答える西島さんをみて
いや~ほれぼれするやんか、と思い(笑)

この時期は映画が観たくなります。

すると、この、「ドライブ・マイ・カー」に出ていた
俳優さんたちが声をそろえて

「コーダ」は我慢しきれずもう号泣しました!

映画館にもかかわらず嗚咽しました!

とかおっしゃってるのを聞いて
どうしても観に行きたくなりまして。

ソッコー行ってきました。

「コーダ あいのうた」!

あ、ついでですけど、
ウィル・スミスのビンタは
私は完全に擁護派です。(全く関係ない話でスミマセン!)

もちろん暴力はあかん。
しかし、クリス・ロックの言葉は
ブラックジョークどころか、
言葉の暴力ですよ!

日本ではこういう意見が多いけど
アメリカは違うそうで。

でも、ほんと、
一番推し量るべきはウィル・スミスの奥さんの気持ちで
あのなんとも言えない表情を見たら
もう一生分傷ついたんちゃうかなって
心が痛かったです。

コーダ あいのうた

それはともかく、観に行ったこの映画。

まじ、観てよかった。

いや~もうこれは
文句なしの受賞です。

もう、これ観てないひと、絶対観てや!

途中から涙止まらず。

確かにもう号泣でした。

声を出すのを抑えるのが大変なくらいに。

ストーリーは、
両親と兄の4人家族の中で

1人だけ耳が聴こえる高校生のルビーが
どんな生活をしていて
その中で何を感じて何を経験して
何を夢見るのか。

これだけよ~私が読んで行ったの(笑)。

ある程度、あらすじを読んでいくこともあれば
何も読まずに行くこともあって
でも基本、読まずに行くほうが
だいぶ楽しめるなって
最近思います!(^^)!

もちろんググれば書いてありますけど、

もうこれは本当に誰にも観てほしい

家族のものがたりです。

家族ってかもう親子な~~~。

私が一番弱いやつ。

いやもうそれな~

いつか自分が子どもだったときの気持ち、
そして今、親として子どもを見るときの気持ち。

思い出しただけでも涙が出てきます。

子どもはいつだって親を思い、
親はいつだって子どもを思う。

その両者の気持ちの大きさは同じくらいあって
そして絆があるからこそ
相手を思いやり
なにが相手にとって幸せなのかを悟り
相手の幸せを一番に思う。

それがひいては自分の幸せにつながってくる。

それが家族なんやなぁって。

もうほんまにエエです!

いま、こうやってムスコが旅立つときだからこそ

いろいろ感じることもあるし
自分がこれくらいの歳だったときのことも
思い出すのかもしれません。

子どもの切ない気持ちと
親の切ない気持ちと

そしてその先にある
お互いの幸せを信じられる
明るい未来と。

いや~本当に。

書いてたらもう一度観に行きたくなりました。

アカデミー賞とる映画は、必ず観に行ってますが、
なんか久々に

よっしゃこれな!

って映画でした。

もちろんどれもいい映画ばかりでしたけど
ま、親子を描くというところで
私の好みだったということでしょう。

ともかくこちらはオススメっす。

そうそう。
余談ですが、
「コーダ」って言葉がなんだろう?
と思って調べてみたら、
耳のきこえない親を持つ耳のきこえる子どものことなんやてね。

知らんかった・・・。

何も知らんなぁ私は・・と思いながら
この映画のことをまた考えるワタシなのでした。

+7

コメント

タイトルとURLをコピーしました