スポンサーリンク
スポンサーリンク

コロナ禍を終えて家族の意味を思う

コロナ禍を終えて家族の意味を思う こども・家族

ヤバイねんて。もう~~

1週間ごとに交代で忙しい仕事してるんですが
やっぱ仕事の仕方が違うと
イライラが募りますね~。

いい悪いじゃないから
人のやり方が悪いわけではないけれど

なんでここに気を使えんかな~
なんで手もちぶさたにぼーっとする時間あるかな~
周りを見て臨機応変に対応するとかないかな~

ってもう人を責めることばっかり( 一一)

こうやって書くと改めて気づきます。
たぶん私、めっちゃ機嫌悪い(笑)。

普通に対応しているようでも
きっと年下の子からみると
ピリピリしてるように見えるやろな~

だって実際にピリピリしてるから(笑)

って思います。

更年期のせいばかりにしたらあかんが
明らか、心がせまくなってるな~
と感じる今日このごろ( 一一)

性格難ありすぎ!(笑)

我が家の様子は

我が家はまぁ毎日書いてるような感じで
変わりばえもしませんが

先日はちょっと笑えました。
なんていうか・・・
コロナ禍は終わったのか・・・・

を実感したというか。

仕事から家に帰ると
ムスコが帰っていて

私が前日に作った夕食を食べておったんです。

makko
makko

ごめんごめん~おそくなって!

自分であっためてくれてんなぁ~


と言ったらば

ムスコ
ムスコ

ああ~いやいやごめん待たずに食べて。

ちょっと今からゴルフ打ちっぱなしに行ってくるから~

誘われてん!

って~(笑)

まじか。

なんか懐かしいやないか。

こうやって夜に出ていくとか
本当に長らくなかったもんね~。

最近、ダーツバーにはよく行ってましたけど
ゴルフ打ちっぱなしかぁ~(笑)

最近ゴルフを始めて
友達に教わりながら時々行ってます。

クラブとか買ってないけどね~。
友達たちはお父さんのおさがりのクラブを使ってるそうですが
我が家は夫も私もゴルフはしないもんな~。

でも、ムスコも就職したら
きっとゴルフもするんやろな~
そんなイメージ。

ゴルフも始めると面白いというけれど
ムスコも楽しんでやってるみたいです。

しかし、私が、えっ!(いまから出ていくん!?)という顔をしたからか

ムスコ
ムスコ

ごめんな~!ほんまごめん!!!!

って~

謝らんといてくれ~
母は勝手に寂しがるもんやねんから~
口だけやから~(いやほんとに寂しいが(笑))
ええのよ好きに遊んでおくれ。

なんか久しぶりやんこれ!

と思いながら、出ていくのを見送りました。

夜21時に出ていくムスコよ。
お楽しみあれ。

メンバーを聞いたら、いつもの近所の同級生。
仲良すぎやろ。

ほんで、そのうち1人は留学というか
海外で就職するといって
もう帰ってこないってことで
先日送別会をした子ではないかいな。

送別会してから何回一緒に遊びに行くねん(笑)。

ほんまに男子仲間っておもろいな。

いやほんまにどいつもこいつも

で、ムスコが出て行ってから
その日バイトだったムスメが
22時過ぎに帰ってきたんですが

帰るなり

ムスメ
ムスメ

大学の友達にドライブに行こうって誘われて~

なんともう家の前まで来ているらしいねん!

●●ちゃんの家に行ってゲームしようって話になってるから~

行くわ~!

って・・・

いやアンタ、

たしか、昨日もまたソファで寝落ちして
朝、お風呂にも入らずバイトに行って
いったん学校に行ったかオンライン授業受けるかなんかして
また夜にバイトに行って
帰ってきたとこ~!

昨日からお風呂入ってない~!汚女子!

しかしそんなことは気にも留めず
さっ!と服を着替えて

ムスメ
ムスメ

じゃ、行ってくるわ~!

って~!!!

見送りましたのです。

そしてしーんとなった家にひとり残され

あれれ、これは本当に懐かしい・・・・

大学生が家にいる生活って
確かこんなんちゃうかったかと。

いつも夜は楽しそうに出て行ったり
夜遅く帰ってきたり。

夕食もほとんどいらん日々が続いていたような。

いや~コロナ禍ってすごいね。

みんなが家にいる生活に慣れて
そういうもんやと思っていたけれど
そうやったもともとこういう生活やった~・・!

不思議と寂しいという気持ちよりも
ちょっとした解放感というか(笑)

あ!ひとりの自由な時間
久しぶりに取り戻したぞ!
みたいな(笑)

以前はこういう時間が結構多かった気がする!

と、思い出しました。

どっちも違ってどっちもいい

思い返すと、
コロナ禍で、なんかみんなが家にいて
基本家でご飯食べる!
ってなって

家族単位で行動することが多くなって
一緒に散歩したりドライブしたりすることもあって
そういう生活、
なんかなかなか大学生になるとなかったけど
大人になった子供と一緒に過ごすのもいいもんだと

コロナ禍も
ええことあるよね!
新発見もいっぱいあるし
こういう時代もまたよしやね!

と思っていたけれど

でもやっぱり
子どもが外の世界に目を向けて
遊びに行くのを見送るのも
またちがった喜びがあるんだなぁって。

親として
長らく子育てをしてきて
なんとなく肩の荷をおろせるというか
それを実感できるのが
子どもの背中を見送るときなのかもしれませんね。

寂しさのすぐとなりに喜びがある。

表裏一体とはまさにこのことでしょうか。

子どもを育てる、
子どもを持つということは
相変わらず
自分にいろんな発見をくれるもんです。

さあ、今日はどんな1日になるのやら。

家族がみんなバラバラに
それぞれの生活をして
また帰ってくる家という場所で

今日も私は生きてゆく。

そんなことを思う朝です。

+11

コメント

タイトルとURLをコピーしました