スポンサーリンク
スポンサーリンク

お盆休みで帰阪してますムスコ(笑)

お盆休みで帰阪してますムスコ(笑) こども・家族

というムスコの引っ越しドタバタ劇でしたが
その間にいろいろありまして(笑)

もうすでに家に帰ってきております。

ハイ、1年目の特権12連休・・・!

どんだけ休む。

まぁまだ役にたたんからでしょうね。

現場の方々は6連休やねんて( 一一)

ゴミはそのまま・・・

電車で帰ってくるには
相変わらず乗り継ぎも大変やからと
ムスメと一緒に
仕事終わりで迎えにいったんです。

ムスメもバイトが21時までで
私もその日はそれっくらいまで仕事していたので
出発は実に23時・・・。

次の日はお休みだったので
夜中のドライブもええか、と
ちょっと夜中のおでかけ気分でムスコのところへ。

到着は夜中1時半くらいだったでしょうか・・

ムスコは、その日からお休みだったので
あちらで転入届や免許の住所変更をして
夜中まで昼寝したりで待っていたようです。

ムスコを乗せてまたすぐに大阪へ・・・

運転も順番で~。

そこはほんま、らくちんです。
全員が運転できる安心感ってちがいますね~。

で、家に到着したところで
そういえば、
と思って

makko
makko

ゴミは捨ててきた?

と聞いたら

ムスコ
ムスコ

え?ゴミの日ちゃうかったし

捨ててないで!

え・・・・・・

11日間ゴミそのまま???

灼熱の部屋の中でゴミがどうなるかとか
想像できんかったか・・・

これもまた言わなわからんか・・・

あのな、夏は特にな
1泊で家をあけるときですら
ゴミ、とくに生ごみは捨てていくんやで。

じゃないと、腐ったりゴキブリがきたりするんやで。

ムスコ
ムスコ

そうなん!じゃあ取りに行こうかな・・・

いやいや待ってや~
ゴミのために北陸まで
交通費かけていくとかないけど・・

それにしても常識のなさよ( 一一)

本当に生きていけるのかこやつは・・・

友達と麻雀

帰ってきてさっそく
友達とごはんやゴルフやダーツやいろいろ・・・

珍しく大学の友達と会うとのことで。

例の仲間たちと集まるって。

スリーパーズです(笑)

大学のおもろい仲間たち。

留年したムスコ、同学年の子たちは卒業シーズン。 : こんな毎日!働くアラフィフ母、日々のあれこれ
ムスコの大学の卒業式があったようです。 ムスコは、その日はweb面接かなんかがあって それが終わってから かけつけられなくもなかったようですが、 みんなになにかお祝いも用意したりもしていないし・・ と迷っているうちに時間が過ぎてしまったようです。 みんながストーリ

なつかしいやないか!!!
みんな建築関係に進んで
それぞれ頑張っていることでしょう!
まともに卒業した子たちは働き始めて1年。
留年した子はまだ数か月。

いずれにしても大学の仲間は
日本全国あちこちにいってるので
なかなか集まれないし貴重やね。

「あんな大学・・」
とムスコは何度か言ってたけど
こうやって卒業しても会える仲間ができたのは
すばらしいこと!(^^)!

そしてその日はやっぱり
終電でも帰ってこず
とりあえず無事かどうか連絡してや!
と連絡したら

ムスコ
ムスコ

麻雀してる!

ってLINEが。

そうだった、この子らは
大学の近くの雀荘で
よく麻雀していた・・・・

どんだけ堕落するんだろうと
割と本気で心配していたあのころ・・・
誰にも言えず悩んでいたなぁと

思い出しました。

もちろんムスコには何も言わなかったけど
ひそかにいろいろ心配してました( 一一)

今振り返って思うのは
やっぱり子どもは自分の道を歩いていく、ってことですかね。

いまなお心配なことしかないムスコやけど
もはや親がどうこうすることはできず
見守るしかないんですね親は。

大学生になって麻雀とか・・
大学に入ってあちこち海外旅行に行ったり
留学めざして勉強したり
マスコミ就職のために専門学校に行ったりしていた
自分の大学時代と違いすぎて心配したけど
それぞれの大学時代があり

それがどんなものだったとしても
自分の人生を生きているのだから
親はもはやそこ(子どもの人生)にはいないわけで
ただ、家族として
いつも味方だからねと
それだけを胸に抱いて見守るしかなかったんだなぁ

改めて思いました。

スリーパーズのみなさんは
北海道や千葉や東京や
あちこちにいてるようですが
みんな元気だったみたいです!

特に北海道に行った子とは仲が良くて
一人暮らしだった彼のおうちによく遊びに行かせてもらっていたし
私も一度会ったことがあったので(とても感じのよい子だった!)
あの子とも会ったんかぁ~と思うと
なぜだか私のほうがめっちゃうれしくなるっていう(笑)。

本当にいいトモダチに恵まれて
シアワセだなぁキミは。

ありがとう友達たちよ。

そして当然、朝帰りでした(笑)。

いろいろあったであろう10日間

てなわけで。

あんだけ寂しいいなぁ~
と送り出したり
引っ越し騒動があったりしたけど
もう家に帰ってきているということに
家族みんななんとなく笑える感じで(笑)。

とはいえ、短い間だったけど
仕事ではいろいろあったみたいです。

トラブルがあったりもして

いきなりで戸惑ったんじゃないんかなぁとか
こわい思いもしたやろう、とか
いろいろ想像はするんですが

やっぱり家を出て
物理的に距離ができると
そこは親としても
気持ちに少し距離をもてるというか

自宅にいて、
近くで毎日みていたら
自分との境界線がなかなかはっきり持ちにくく
自分の気分に影響されたり
子どもとしては思ってもいないことを
親が想像して勝手に落ち込んだり

そういうこともある気がするけれど

目の前にいず
自分の目にみえない生活を送っていると

そこは本当に
なんだか距離が保てます。

きっとお互いにそうで
親子の卒業はこういう感じで進んでいくのかもですね。
25歳になって今更ですけど。

そんなお盆のひとときです。

夫の仕事も私の仕事も
お盆関係なしなんで
世の人たちはこういう休みを過ごしているんだなぁと
思ったりしてますよ。

友達との時間を思い切り楽しんでくれムスコよ。

また1週間もありますお休み。
長いなぁ~!

+15

コメント

タイトルとURLをコピーしました