スポンサーリンク
スポンサーリンク

子どもたちの会話を聞いていて思うこと

子どもたちの会話を聞いていて思うこと こども・家族

いや~ようやく終わりました!
ほんまにいろいろありますわ!

頭痛は次の日まで続きまして
どうにかこうにか終えましたが

ほんまに大丈夫か!わたしのストレス。

疲れたっす。

こどもたちの会話

こんなときにほんま
家に帰ると
ムスコとムスメが
なんでもないこと話しながら
リビングで笑いあっていて

そんな風景を見るだけで癒されます。

ああ~家族っていいなぁ~ってね。

勉強もしないし、
就職するんだか大学院行くんだか
いまだに揺れ動いているムスメや

就職したというのに
カードゲームに興じているムスコや

けどやっぱり
2人が笑っていてくれたらそれでええんやなぁって

自分がしんどいときは
そう思えます。

笑い声と彼らの笑顔が癒しなんでしょうか。

自分が笑うとそれはストレス発散になるし
実際に免疫細胞も活性化するそうですけど
人が笑う顔を見ても
それって同じなんちゃうんかな~

やっぱり笑顔も怒号も
伝染します
からね。

すっごい大事やなって思います。

怒号がとびかう職場は
実際に怒号を受けているひとよりも
まわりのほうがストレスたまるのだとか
最近ニュースで読みました。

そう思うとやっぱり
笑顔でいることはすっごい大事です。

だれやったか、

子どもに伝えたいこと
子どもに望むことはなにかって聞かれて

「明るくいること」

って言ってはったけど
それすごくわかるな~って。

自分らしく生きてほしい」とか
いつも笑顔でいてほしい」とか

いろいろあるけど
それよりもまず

「明るくいること」って
ええ~それ?って思うけど
実はめっちゃ大事なことのような気がします。

そうやな~
私も
ムスメやムスコには
明るくいてほしいなぁって

そう思う今日この頃。

彼らの話の中身とは

ところで、彼らの話の内容って
まぁたいがいは
Youtuberの話だったり
お互いのコンビニの新商品の話やったり(笑)

そんなことが多いんですけど、

先日は、バイトの話をしてました。

バイトっていうか収入の話。

年間103万円を超えると
扶養から出てしまう
っていうアレです。

ムスメ
ムスメ

とりあえず超えないようにしないとあかんな~

みたいな話を2人ともしていて

makko
makko

なんか130万円までなら学生はなんとかなるんちゃうかったっけ?

と言うと

ムスメ
ムスメ

申請すればなんとかなるけど、ママら親の控除がなくなって

払わなあかんというか収入が下がるはず

って~~

そうなん!!!

そのあたり、FPの勉強もしたのに詳しくなくて
誰か教えて~( 一一)

確かにそうみたいやねんけども
そして収入にもよるんやろうけど
いくらくらい控除なくなるんやろな~?
ってのが調べてもいまいちわからず。

そんな話をしたらふとムスメが

ムスメ
ムスメ

ちょっとびっくりするねん。

年間に合計でいままでいくら稼いだかって出るやん?

私、もう70万円もいってんねん。

70万円やで!!!

そんなんに稼いだんやってびっくりするねん。

でも、そのお金どこに行ったんやろうって・・・

もう全然ないやん。

そんなに使ったんやって思うねん。

って言ったんです。

したらばムスコが間髪入れずに

ムスコ
ムスコ

それ、僕ずっと思ってるで!

いったいどこに消えたんやろう?

けっこう稼いでるのに、って。

って~~

テメーら金遣い荒すぎやねん!

食費を家に入れるでなく
生活費入れるでなく
携帯料金払うでなく
学費払うでなく!!!

そんなに稼いでるなら学費払え!!!

私やだんなの自由になるお金のほうがずっと少ないって( 一一)

社会人になって1人暮らししたらすぐわかるわ!!!
自分が自由にできるお金って・・・
こんだけしかないんやって・・・・

いやほんま。

しかし2人があまりに同じことを感じていたこと
ちょっと笑ってしまいました。

こやつらはまじで。
浪人や留年をして
なんか親に申し訳ないとか
ちょっとお金入れようとか
なかったか!

まぁ私が彼らの年のときはなかったですけど( 一一)

とはいえ一人暮らししてたから
そんな散財はできんかったよハイ。

ほんま、お気楽な大学生で。

これから苦労するでしょうけども
そりゃ誰もがいく道、がんばるしかないわけで

そのとき知る親の苦労、
経済的独立の苦労・・・

お気楽ぶりはいうてもあと半年、1年、2年、
くらいのこと。

でもな、正直言うと

「働いてお金こんだけ稼いだのに
いったいどこいったんやろな?」

は、今の私すら感じることもあるっていうのもある(笑)

実は似てるのかこいつらは(笑)

一番お気楽なんは私だったという事実(笑)

これでも人生乗り越えていけるから
この先もいろんな経験しながら
乗り越えていってくれ若者よ。

そんなことを思った夜なんでした。

+8

コメント

タイトルとURLをコピーしました