スポンサーリンク
スポンサーリンク

ムスコの卒論大騒動

ムスコの卒論大騒動 こども・家族

ムスコのゼミ卒論が佳境です( 一一)

とりあえず提出期限だった先日・・・!
毎日早起きして卒論のために学校に行ってたので
どの日が提出期限とか知らんかったけど
どうやら昨日だったのね、
とわかったのが翌日の朝。

聞いてなくてよかった~
それこそドキドキしてまうやんか。

ムスコの卒論提出日のハナシ

なぜわかったかというと
その日の朝、
ムスコがムスメになんや楽しそうに
話をしていたんです。

よくよく聞いてみると
ゼミの卒論は、
チームになって実験をして
チームで卒論を仕上げて
後日、発表する。というものらしい。

ムスコはなにやら
よくわからん計算式をいっぱい書きながら
パソコンに向かって
ああでもないこうでもないと
またわけのわからんグラフを作りながら
四苦八苦していたんですが
それはムスコのパートやったということなんでしょうね。(たぶん。)

ムスコが話していたのは友達のチームの話。

なんでも、友達のチームの学生たちから
そのチームの中にいる、
ムスコの友達(留年組)の家を知ってるか聞かれたそうで。
よく聞いてみると、
卒論の提出は12時から13時(14時?)と決まっているけれど
その直前になってもムスコの友達が来ないとのこと・・・。

電話してもでなくて
寝てるのかもと思ったけれど
もう昼だし
どこかに行ったのかも?

いやどこに?

で、大学の近くで一人暮らしをしている子やから
家を知っていたら、家にいってみようと思ったらしい。

でも、ムスコは、
同じ留年組といっても
さすがに家は知らん、ということで。

チームは10人くらいいるらしく
みんながとても困っていて・・・

だってこの時間内に提出しなかったら
・・・
留年、ということになるんです( 一一)

彼のパートがないと
卒論として成り立たないようで
みんなかなり焦っていたと。

そう。この大学は
絶対に例外を認めない大学。
どんな事情があれ、
締め切りは1分でも1秒でも遅れたらアウト。

しゃーなしちょっとだけ下駄をはかせて
単位をあげます、
なんてことも絶対にしない。

その徹底ぶりは
大学ができて以来ずっとだそうでして。

今でも卒業生たちは
締め切り時間ぴったりに
提出場所である事務室の扉が閉まる夢を見るのだとか(笑)。

そりゃあせるって。

だって。

きっとみんな就職も進学先も決まっていて
ここで留年とか。

ここまで全員できちんとやってきてんから。

そして彼らはほとほと困って
先生にヘルプを求めたらしく。

しばらくして

「住所わかりました!
先生に教えてもらいました!」

と言って、みんなで彼の家に行ったそうで。

ムスコ
ムスコ

え!いや困ってるのはもちろんわかるけど

住所とか、先生!教えていいん?(笑)

とムスコはビックリしたようですが
まぁそりゃ、10人の留年がかかってたら
それは緊急事態やわな。

でも、その先生の判断は正しかったといえましょう。

そのみなさんが彼の家におしかけたところ・・・・

寝ていたそうです( 一一)
チーン。

そんなことある?(笑)
いや、あるよね~。

ムスコもここのところ
連日、学校で遅くまでやってるし
家に帰ってもなにやら必死でやってるし
みんな、本当に大変やったと思います。
実験場で
作業着着てヘルメットかぶって
連日なにやら実験に勤しんで

そしてそのデータをまとめて考察して。
(知らんけど(笑))

寝過ごしもするか。大事な日といえ。
そういうこともあるわ( 一一)

でも、ほんまによかったです。

ムスコもひとまずは提出できたようで

ほっとしました。

しかし卒論。

ここのところ必死にやってる姿をみて
はぁ~やるときはやっぱり来るのだなぁと(笑)。
学科ではおちこぼれやったと思うけれど
そんなこの子も、
卒論となるとこうやって頑張ってやるんやなぁってね。

こういう姿をよく見ている親御さんはそんなことないでしょうけど
わたしゃ、感慨深かったっすよ(笑)。

しかし、これからまだ、
パワポ作って、それを使って発表という場があるんだそうで。

これからは、それをやっていかなあかんそうです。

で、笑えたのは
ムスコの先生は、毎年、
この卒論発表でなにやら賞をもらっているらしく

今年もその賞をもらえるように頑張ることをモチベに
めちゃくちゃ頑張ってるらしく、

資料をもらったそうですよ。

「パワポへのまとめかた」
「発表のしかた」
「他人に対する話し方」

などなど・・・(笑)

先生が今年も賞を取るために
みんなにいろいろと教えてくれて
よい発表にしようと頑張っておられるようで。

いや、でも、それはムスコからそう見えるだけで
賞はどうでもよくて
ただ、きちんと指導してくださる先生、
ということなのかもしれませんよね。

いずれにしても、ありがたいことです。

そもそもパソコンがなかなか使いこなせず
パワポとは?
みたいな子だったし

日本語が不自由だから
発表とか会話よりももっと苦手で
人にわかるように話をすることとか
本当に苦手やと思うので( 一一)
(私やムスメならわかるが、きっと彼の話は理解が難しい。)

社会に出る前に
少しでもなにかしら
練習にもなり経験にもなり
少しは進歩するのかもしれませんから。

と、そんな卒論大騒動。
まだあと少しひとふんばり。
ガンバレムスコ。

+11

コメント

タイトルとURLをコピーしました