スポンサーリンク
スポンサーリンク

子育ては自分を変える、のホント。

子育ては自分を変える、のホント。 こども・家族

むっちゃ久しぶりに
会社の先輩に誘われました。

会社には先輩おらんか(笑)
もはや年齢だいぶ高めなんで
上司しかいません(笑)。

親会社の先輩というんかな。
久しぶりに会社でばったり会って
ずっと、飲みに行こう、
と言われてたんですが
今回は、

日程決めよう!!

って流れになりまして
決まりました~。

コロナ明けてから
みんな飲み会もけっこう行ってますね~。

私は全然行かんけど。

なんと今回はフレンチ

居酒屋やとばっかり思っておったんですが
事前に送られてきたURLみたら
フレンチやん!!

しかも、この先輩とは
私の同僚と3人で飲んだことがあるので
今回も3人とばっかり思っていたら
2人やった( 一一)

全然いいけど、何話そ?(笑)←そこ!?

とはいえ、近い仕事はしてなかったけど
30年以上前から知ってる先輩やから
そういう意味では気のおけない関係ではあります。

最近って、飲みに行くのも
気軽に誘えなくなったよね~

なんて話から始まり。

いやまじでな!

私はあまり飲みにはいかないし
基本、こちらから若者を誘う気もないですけど
飲み会に誘われてる若者は
けっこうお断りしている子もまぁまぁ多い。

見ていてひやっとします(笑)
私も団塊の世代ということか。

私らが若いころは、
先輩に誘われて、断る選択肢は与えられていなかった( 一一)

だからつい
「私らのころは」って言っちゃうんですね~(笑)

この先輩も、本当に優秀な方だし
ちょっと構えてしまうし
でも、だいぶ上やと思っていたら
たった3期上なだけやった(笑)。

大変頭のキレる方であることは確かですが
それはさておくと、
まぁ~同世代やったんか!
という感じ。

昔話に花は咲きます(笑)。そりゃ。

で、今回ご一緒するということになり
先輩のよく知るというお店
こじんまりした
カジュアルフレンチのお店へ。

はぁ~。紳士やなと思っていたけど
やっぱりそうなんだなぁ~。

フレンチのコースをごちそうになりましたよ~
ありがとう先輩~

そもそも、飲みに行くことがほぼなかった(いや全然なかった)ので
久しぶり、かつ、美味しいお料理は
うれしすぎましたよ( 一一)
飲みに行くのがいややったって誰が言うたん(笑)。

私が、(とっても飲めそうやのに)全然飲めないと知って
無理に勧めてきたりもしない。(このへんは時代やな。)

1杯だけスパークリングワイン飲んであとはソフトドリンクで!!

これができる時代になったことは
私的にはだいぶうれしい!(^^)!

とはいえ、若いころは、
制作部で、
荒々しい体育会系の上司ばかりで
ADの人権はないに等しかったので(笑)
いまだにこういう先輩を見ると

makko
makko

この会社に、紳士な人もいたんだ~

って純粋に驚きます(笑)。

まずは仕事の話

飲みの席も
ランチなんかでもそうですけど
食べながらの仕事の話は
私はとっても苦手( 一一)

あんまり仕事のこと深く考えてないし(考えろ)
男性は特に
理論型の方が多いから(そう見える)

きみは会社をどうしたいんだ?

どういう方向に行くのがいいのか!

みたいな話がけっこう出ますけど
いやいや~
もうここで仕事の話はええやろう~
それは会社でしよう~
と思ってしまうんです( 一一)

ただ、今回は、
私が会社でどういう方向でやっていったらいいか
など
私がちょっとつまづいて悩んでいたことを
察知しておられたのか
いろいろアドバイスをいただきました。

いや~やっぱり何年か先輩でもあり
経験の幅も相当広くて

そういうひとのアドバイスは
すごく的確で身に染みるし
なによりも、「君の意見はなんだ!」的な話でなくて
本当に後輩を思っての言葉なのがわかりすぎて
すごくありがたかったです。

てか、気持ちが楽になりました。

いろいろ、あっちもこっちもと
気が張りまくっていた時期やったからですかね~。

ありがたかったです。

そして家族の話

私は、夫とは同業なので
夫婦で知ってくれている方が多くて
けっこう家族の話にはなったりします。

まぁ私が
facebook投稿けっこうしているのもあるんでしょうね~。

で、子どもの話をしたんです。
今何歳で~みたいなところから
子育てとは、的な(笑)。

私が一番自信を持って話せるのって
子育てのところやなって思うから(笑)。

自身を持つといっても
「私の子育て、完璧でした!すごいやろ?」
ではありませんよもちろん。
むしろ逆で
「こどもって思い通りにならないし
子育てをする中で、自分の思い通りにするものではないことを知った」

ってことですよね~

問題児だったムスコですけど
いろんな先生との出会いや
心理学との出会いで
ムスコにはムスコの人生があり
そこに親は介入できないのだ
彼は親とは別の人格なのだ

と知ったときに、
やっと、
ムスコのことや自分の持っていた価値観を
手放せた
ってところですね~。

そんな話をしたんですけど、

そのあと、しばらく別の話をしてから
先輩が
ご自身の子育てでも
しんどいことがあったのだ

という話をしてくれまして。

なんだかびっくりしました。

イメージですけど、
親会社のひとたちのお子さんは
中学から私立に入れて
お医者さんになったり
大学教授になられたり
なんだかエリートなこどもたち、なイメージがあって
その先輩のお子さんも
たしか中学受験をされていたし
エリート街道まっしぐらなイメージがありましたので。

へぇぇぇぇ、
そんなことあったんですねぇ・・・
という驚きよ。

うちもたいがいですけど
どのおうちもいろいろあるんだなって。

順風満帆にみえている隣の芝生も
なにもかもが順風満帆にいくことなどなくて
そりゃ波あり谷ありなのだという事実
よ( 一一)

ほんま、それを改めて知りました。

誰しも
別にわざわざ言わないだけd
いろいろあるんやなって。

だけど、それを
どう見るかだけだったりするんだろうなと思うんですが
(大変なつまづきなのか
それとも前を向くためのステップなのか、とかね。)

でも、少なくとも
親は、やっぱり
子どもを育てていく上で
いろんなことにぶちあたり
そこで学びがあるんだなぁ、
と改めて思いましたねぇ、ほんと。

そういう意味では
子育てをされた方というのは
みんな「同志」かもしれません。
いや~まじで。

そんな話を聞くと
もうその先輩は
ぐっと近くなりましたね~ほんと。

人間関係って
こうやって広がり深さを増していくのですね~。

いろんな話ができて
やっぱり飲み会(というのだろうか(笑))も
ええもんやなぁと
一気に自分の飲み会への価値観がぐらぐらに簡単にゆらぐっていう(笑)。

ま、人間はそんなもんかもしれませんが。

でも、いい時間が過ごせました。久しぶりに。

今週はもうひとつ、
誘われての飲み会があります(笑)

一気に増えてるやん( 一一)( 一一)( 一一)

でも、自分から誘う飲み会がないのは
やっぱり変わりません(笑)。

飲むのは1杯だけですけど
そちらも楽しい会になればいいなと思っとります。

さぁ今日も、仕事がんばるぞ~

+9

コメント

タイトルとURLをコピーしました