スポンサーリンク
スポンサーリンク

釣りキャンプから帰ってきたムスコ。

釣りキャンプから帰ってきたムスコ。 こども・家族

グローブをもって釣りに行ってたムスコが帰ってきました。

っていうか。

昨日ムスメとスタバのあと、
モール内のユニクロに寄って
あれこれ一緒に買い物して

ムスメは夕方からバイトだったので
いったん家に帰ったんです。

したらば!

玄関に!

ムスコのリュックがある~!!!

えええええ!もう帰ってきたんや。はやっ!!!!

リビングで爆睡のムスコを発見

ムスメとリビングに入っていくと
ソファでムスコが爆睡していました( 一一)

泊まりでキャンプやから
そりゃもう疲れたやろう!

ちょっと起こしてみたけど
珍しく全然起きませんでしたよ(笑)

めっちゃ寝るやん!

しかしびっくりなんは、
誰もおらんムスコの部屋のエアコンはついててドア全開。
そしてムスコが寝ているリビングのエアコンはついておらず
扇風機だけってどうよ( 一一)

ソッコー、ムスコの部屋のエアコンは切りましたけど。

しかし爆睡すぎる。

ムスメと軽食を食べて
バイトに送って行く時間になっても起きんやん。

ま、もちろんそのまま置いといて
ムスメを送っていったんですが

ムスメ
ムスメ

お兄、私がバイトから帰るまで寝てるんちゃうん!

ヘタしたら朝まで寝るんちゃうん!

って~たしかに~!
ありえる。

で、その後

ムスメをバイト先に送って帰ってきても
もちろんムスコはソファで寝てたんですが
ソファって、腰や背中が痛くなるから
和室にお布団敷いて
無理やり起こして

「布団行って寝よか~!!!!」

って身体を支えながら移動させましたよ(笑)
そこはどうにか歩いてました(目は開いてなかった(笑))。

こりゃたぶん朝まで寝るな~~
と思って
いろいろ用事をしていたところ

18時半ごろに

ムスコ
ムスコ

おかあさーん、いま何時~?

って!
起きた~!

makko
makko

6時半やで~

ムスコ
ムスコ

朝かな~?

makko
makko

いやだから6時半やって!

ムスコ
ムスコ

いやだから、朝か夜かどっちなん?

なんと~
その質問?

朝の6時半なのか夜の6時半なのかわからんかったっていう・・・
どうよ。

起きて釣りの話を聞きました

というわけで、その時間に起きまして
釣り、どうやった~?
って話を聞きました。

けっこう釣りで有名な場所やったらしいですが
全然釣れんかったそうです( 一一)

ま、そんなもんか。

一緒に行った子たちは
もちろん社会人の子たちだったそうですが
釣りが好きで
キャンプとかも好きらしくて
テントやコンロやいろいろ持っていたそうですよ。

まぁまずはムスコの金髪に驚かれたんやって。

「学生か~!?」

って。

ハイ、学生です。
ってやつですよね(笑)。

もうほんまな。たのむで。

お風呂は、シャワーがコロナで使えなかったら
温泉に行くと言っていたので
どうしたか聞いたらば・・・

ムスコ
ムスコ

飲んでたし、運転はみんな無理やったし・・

キャンプ場も閉鎖でシャワーもなくて・・

テントは海岸に張って、

夜に公園の水で身体や頭を洗ったわ~!

って・・・

公園の水・・・・!!!

どうよこの23歳男子たち・・・・( 一一)

ま、でも総じて楽しかった模様です。

キャンプの思い出

そんな話を聞いていたら
ムスコが小学生のころ、
3家族、4家族、ときには5家族くらいで
よくキャンプに行ったことを思い出して
そんな話をしました。

キャンプなどしたことなかったけれど
たまたま保育所でムスコが仲良かった男の子の親御さんが
アウトドアが大好きで

デイキャンプや
一泊キャンプに誘ってくれて

それから、テント泊だけじゃなくて
コテージ泊にもよく行きました。

バーベキューはもちろんのこと
水遊びしたり~
虫取りしたり~
キャンプ場のイベントに参加したり~

なんやかんや
自然の中でいっぱい遊んで
子どもも楽しいし
親たちもわいわいといろんな話をして
ま~大人数で楽しいイベントをするっていうのは
子どもたちに体験させてもらった感もあります。

今思い出しても、
かけがえのない思い出で
どこか旅行に行ったとか
ちょっと遠出したとか
そういう思い出よりもずっと
「楽しかった感覚」がしっかり自分の中にある感じがします。

けっこうめんどくさいし大変だし
電気もなくて不便だし(笑)
暑いし寒いし(笑)

でもやっぱりそれをみんなで
わいわいと楽しんで過ごせたっていうのは
なかなかお金では買えない
大事な思い出
だなぁ~・・・

と今になって思います。

ムスコにもそんな話をしていて、

makko
makko

あんたはめんどくさがりやから、あんまりキャンプとか自分でやろうとは思わんやろうけどな~

って話すと

ムスコ
ムスコ

せやねん。キャンプ道具はよく見に行くねんけど

実際自分でやるってなるとめんどいな~

って言うてました。

でしょうな!!

makko
makko

実はお母さんもだいぶめんどくさがりなんよ~。

キャンプとかしたこともなかったし、やりたいとも思わんかったわ~

でも誘われて行ってみたら

子どもたちはめっちゃ喜ぶし、楽しそうやし
ほんで、私もすごい楽しくって

なんか新鮮で、すごい好きになったんやで~!

今やろうと思うと、めんどくさい!って思ってしまうけど

でもやっぱりキャンプに何度も行ったのは楽しかったわ~

って言ったらムスコ、
ちょっとしばらく考えて

ムスコ
ムスコ

確かにな。

キャンプ行ったのはめっちゃ覚えてる。

何回も行ったよな~。すごい楽しかった記憶もある。

なんていうか、いろんな「経験」ができたって感じが。
すっごいよかったよな!

って言ってましたね~。

みんなの中に、
こうやって同じように
「楽しい思い出」が残っているんだと
もう確信できるほどにわかってて

それだけみんな
いっぱい笑ったなぁ~!!

って思い出すんですよねぇ。
だから「楽しい思い出」。

そしてムスコはその後ぽつりと

ムスコ
ムスコ

なんていうか・・・エモいよなぁ。

って感慨深そうにつぶやいてましたよ。

エモい。

こういう使い方をするのか(笑)。

でも、きっと、その感情がきっと
ぴったりの言葉なんでしょうね~。

キャンプに行った経験を思い出して
エモい。

なんか新鮮~
おばちゃんの使わん言葉やからでしょうね。

でもすごく

うれしかったですね~

ああやって「めんどくさい」しんどい思いをして
でも、自分も子どもも楽しんで
そしてそれを子どもも不動の大事な思い出として
心の中に持ってくれているっていうのがわかって

ああ~確かに私たちは
子どもと一緒に過ごしてきたのだなと

あったりまえのことだけど
なんだかそんなことを確認したような
そんな気がしたのでした。

子どもはあっという間に育ちますね~改めて。

また大人になったこどもたちとキャンプ、
行ってみたいな~と思いました。
いや~もう歳もとったので
グランピングがいいですけどね(笑)。ハイ。

+9

コメント

タイトルとURLをコピーしました