スポンサーリンク
スポンサーリンク

太る太る太る・・ほら太った~!のワナ

太る太る太る・・ほら太った~!のワナ 思い

散歩再開しました(笑)

どんだけ続くかみといてください(笑)
てか報告するかなどうやろか(笑)。

1年くらい毎晩一緒に歩いた友達は
看護師さんなんで
もう今はコロナでヤバイほどに忙しくて
帰りも夜中になったり大変・・!

看護師あるあるな話が
めちゃくちゃ面白くて
毎晩聞くの楽しみにしていたし

お互いの子どもの話で
もうどんだけ話すことあるねんってほどに
話しまくっていたけれど

しばらく会っていなくて
ちょっと寂しいです。

本当は今週の週末に
2家族みんなでスノボいこう!
ってもりあがってたんですが
まぁやっぱり、みんな大人になってるから
あれこれ予定が入ったりして
しかもコロナでまん延は延長されるし

泣く泣くあきらめましてん・・・

子どもたちはスノボするけど
親は滑らんよなぁさすがにもう・・

レストランでお茶しててもいいけど
なんか泊まらんけど部屋貸してくれるとことかないかなと探しまくって
レンタルルームのあるスキー場を見つけて
予約したんですけどね~(泣)
「スノボに行ったのに部屋かりるんかい」っていう(笑)。
レンタルルーム予約してたとこ。

むちゃくちゃ楽しみにしていたけど

残念すぎました。

自然のゆらぎ

とうことで
まん延でまたもや予定はなくなり
一昨日の祝日に
びっくりするくらいに予定がなく
ほら、週末は
掃除だ買い物だ母のこととか

いろいろあるけども
祝日は普段忘れてるから
予定も入れてなくて

だから本当に気持ちよく
ぽっかり1日あいてましてね!

もうけた気持ちになりますね(笑)。

ムスメは友達とスノボ、
ムスコは専門学校で勉強と
誰もおらんようになりまして

うーん、なんかちょっとは外に出たいやんか
なんとなくもったいないしと
着替えて・・

そうだ!散歩しよう!

と思い立って散歩したっていう(笑)。

それを「再開」というのかどうか(笑)。

でもやっぱりお散歩は
ああ、歩いてよかったなぁ
って思う
心地よい小さな疲労感と
やっぱりリフレッシュにはなりましたね。

普段、窓のない職場で仕事しているので

やっぱり外を見ることや
外を歩くことって大事やなって思います。

外の自然な景色を見ることって
もうそれだけで癒しいなるそうですよ。

自然のゆらぎがあるからやねんて。

ゆらぎって「不規則な動き」のことで、
自然界に存在するあらゆるものは
「ゆらぎ」を持っているのだそうで。

たとえば、風は吹いたり止まったりする。
太陽や月も少しずつゆらぎながら動いている。
植物や生物もみんなそうで、
人間が作り出した機械的なものにはそれがないんですよね~。

だから、やっぱり
窓があるとないでは
全然違うんですね~。

部屋の中に植物を置くだけでも違うらしいけど。

ま、そんなところで毎日過ごしているので
やっぱり散歩は知らん間にストレス発散されているんだろうな~
と思います。

いややっぱりあかんよなこの生活

ま、きっかけはそう思ったことにあります。

体重がどうしたんかと思うほど増えて
でもいったん増えてくると
もう投げやりになって

なんていうかもう
欲望のままに食べ続けるとか・・・

さすがに大好きな和三盆を
ひとふくろ一気したときは
ムスコに

ムスコ
ムスコ

それは一気に食べるもんじゃない。

と真顔で言われてちょっとショックでした。

どっかがもうはずれてるんでしょうね。

でもそうなると、
ただでさえ落ち込む日が多いのに
余計に自分のことがめちゃくちゃいやになるっていう悪循環。

欲望を満たしているつもりが

満ちているのは欲望だけで
自己肯定感はだだ下がりやん!
っていう。

ずっとイメージトレーニングや心理学で
教わってきたのにやっぱりそうなるんだなぁ。

食べるのをやめよう、やめようと思えば思うほど
意識は「食べる」ことにいって
「食べることをやめられない」自分を強烈に意識(イメージ)するから
脳は「食べることがやめられないんだね」と
自分に指令を出してしまうんですよね~。

子どもに言う
「そんな持ち方したら

こぼすよこぼすよ・・ほらこぼした~」
ってやつですよね~。

「こぼさないようにね」(否定語)でなく
「しっかり支えてね」(肯定語)で!

っていう。

すると、「しっかり支える」をイメージできるんですね。

ということは
「食べないように」でなく
「ゆっくりおいしく食べよう」
「本当に好きなものを腹八分で食べよう」
って感じですかね(笑)。

あとは自分をイメージして

あとは、そう。
自分を具体的イメージすることも大事でしたよね。
(学びの復習に入る(笑))

どんなふうになりたくないの?

の答えは

makko
makko

めっちゃ太ってて、もうおなかはパンパンに太ってて
足も腕も太くて、ズボンもスカートも入らなくて

身体も重い!そんなふうにはなりたくない。

って、めっちゃ具体的!!!

でも

どんなふうにやせたいの?

の答えは

makko
makko

うーん!ほっそりしてrikacoさんみたいに!

ってめっちゃ抽象的~(笑)。

具体的ってことはめちゃくちゃしっかりとイメージできてるってことなんですよね。

だから、脳は、その「具体的なイメージ」に
近づけようとするんです。

全力で必死で近づけようとする。

だから、そういう人がよく目につくんです。

そう、自分がなりたくない
おなかぱんぱんの太った人はめちゃくちゃよく見かけます。
(妊娠中に妊婦ばっかり目につくのとも似ている。)

だから、ほんまは、
なりたい自分があるのなら
より具体的に細かく細かく、
その理想をイメージしないとあかんねんな。

視覚的聴覚的触覚的に
自分に本当に起こっていることのようにイメージする!!

だから、やる気よりその気なんですよねぇ。

ガンバロウ!ガンバロウ!
でなく
いや、もう実現してるやん!
の気持ちのほうが
その「実現してる」のと同じ行動になるっていう。

いや~これはほんまに真理やなぁと思います。

これだけ教わっていてもできないっていうのは
本当に自分の中に
まだまだいろんな記憶からの思考の癖が
あるってことなんでしょうね。

まぁともかく
しばらくはそんないろいろを
楽しんでやってみようと思ってます。ハイ。

+12

コメント

タイトルとURLをコピーしました