スポンサーリンク
スポンサーリンク

ファンを作ると自分が強くなる。

ファンを作ると自分が強くなる。 思い

休日にムスコが車を使うというので
久々、自転車で
スーパーやらドラッグやら買い物~!

自転車は自転車でけっこう楽しかったりして
しかも今の季節、
めっちゃ暑いわけでも寒いわけでもなく
ちょうどいいから余計に。
歩けばもっといいんでしょうけど(運動に)。

で。
近所のスタバは駐車場代がかかるので
あんまり行かなかったのだけど
自転車やったらいけるな~!
ってことで久々、近所のスタバに
おひとりさまティータイムしに行きました。

近所のスタバ

いつもはムスメと
駐車場代が1時間だけ無料になるスタバか
駐車場代がかからないスタバに行くんですが
まぁ自転車ならここはいけるわ。
家から近いので、
たまに帰りに寄ることもあるんですが。
週末の昼間に来るのは久しぶり。

したらば!!!

レジで!!!

あの~!スタバの〇〇店によく来ていただいてましたよね
ムスメさんと・・・。

こちらにも来ていただいてるんですね!

ありがとうございます!

この前お見かけして、あれ?と思ってて、声かけられなくて

今日は思い切って声をかけてみました~!

今も紅茶がお好きなんですね!

って~声かけられました。

いや~ザ・スタバ~!

スタバの店員さんは
ほんまによう覚えてはるし
覚えてなくとも初めてでも
よう声をかけてこられますね!

もちろんそれがスタバ教育なんでしょうけど。

もしや、たまたま
めっちゃフレンドリーな
ええひとばっかりが採用されてるのでは、
なんて思われることもあるかもだけど

まぁそんなことあるわけなく

「教育」のたまものでしょうね~!!!
教育はめっちゃキビシイと聞きますから。
(ほんとのところは知らんけど( 一一))

でも、そうだと思います。

タリーズでも
ドトールでも
こんな声かけはまずないですよね。

もちろん人柄により
そういう店員さんもいてはるけれど
スタバは例外なく
男性も女性も
かなりの若者も
かなりの大人の方も
店員さんは全員
例外なく感じよく
例外なく声かけてくれます。

そう!

高校生にはコップに名前も書いてくれるしな~!
(うらやましかった(笑))

いつも勉強してるひとには
「がんばってください!」
とかコップに書いてくれたりもする!!

そして、我々おばちゃんには(じゃなくても)

髪型、めっちゃ似合っておられますね!

ショート、とても素敵です!

とか~

いつもこれ注文していただいてますけど

こんなカスタマイズもおいしいですよ!

とか~

なんていうの?

「いいお天気ですね?」とか
「今日は寒いですね!」とか
誰にでもする挨拶じゃなくて

「あなた」を認識して
「あなた」に話をしています、

っていうスペシャルな声かけ

本当に素敵っす。

ファンを作るとはこういうこと

いやこれは、接客だけじゃなくて
普段の人間関係においても
こうありたいなぁと思えることが本当に多い。

こういうやり取りの中で
私はスタバの大ファンになるわけじゃないですか。

ファンができる
ってこういうことなんですよねぇ~。

ほんまに。

キンコン西野さん(注:私とムスメはオンラインサロンメンバー)が
いつも言ってるのもそうやねんけども
1人1人をちゃんと見て大事にする。

それが本当に実はめちゃくちゃ大事。

1人1人と向かい合うなんて
コスパは悪いし効率化からも正反対やけど
実はそれが一番大きい力になるんだという
それですね~。

芸能人でも、
認知人気は違って
「誰もが知ってるあのタレントさん」は
とっても有名だけど、
その人の「ファン」がたくさんおるから有名か、となると
それは違う。

超有名だし、すごいと思うけど、
別にその人個人の「ファン」ではない。
テレビによく出てるから「知ってる」(つまりに「認知」
というだけのもの。

けど、
誠実に自分の意見を言えて
自分のやりたいと思うことをきちんとやっている
テレビのスポンサーに媚びずに
おいしいものはおいしく、まずいものはまずい、
いいものはいい、悪いものは悪いと
嘘をつかずにきちんと言えるひと、

つまり、「信頼」を積み上げていっている人には
必ず「ファン」ができて、
そのファンが、自分を応援してくれる
んですね。
そしてそのファンたちの力も借りて、自分はもっと強くなれる。

有名な「認知」タレントと違うのはココ。

スタバもまさにこれやな~
って思うんです。

1人1人にアプローチする(社交辞令や単なる一般的な挨拶じゃない)
→スタバのファンが増える
→ファンたちがスタバを応援する

この構図は
めちゃくちゃ大事っす。

改めて。

でもなにごとも
仕事でもなんでも
この姿勢はめっちゃ大事ちゃいますかね!

みんなたくさんの人たちの中で仕事をしていて
そしたらば
自分のファンを増やしていくことで
自分を応援してもらえる!

まず自分がまわりのファンになって
声をかけて
話をして
仲良くなって
そしてその中で
自分も好きになってもらって
自分のファンも作って
そしてお互いにいい関係を築いて

そしたら
うまくいかなかった仕事もうまくいく。

そんなこともやっぱりあります。

仕事はもう90%が人間関係といっても
過言じゃないっすからね。

一番大事なのは

とまぁ
見習うべきところがたくさんあるように思う
スタバの店員さんですが

基本的にはなによりも
声をかけてもらって
自分が「ゴキゲン」になる。

それによってその日の気持ちも
その日1日も変わってくる。

そこから、ありがとうの気持ちがわきあがる。

その気持ちを誰かに返したくなる。

そこからひろがっていくってことじゃないでしょうかね。

波動」って本当にあると思っていて
「よい波動」「明るい波動」を
作り出すって本当に大事。

それは難しいことじゃないんだなって

スタバの店員さんを見て
いっつも思うこと、

ほんまに他人って
先生なんやなぁと
つくづく思う今日この頃。

のお話でした。

+7

コメント

タイトルとURLをコピーしました