スポンサーリンク
スポンサーリンク

知らぬ間に子どもは成長しているもの

知らぬ間に子どもは成長しているもの こども・家族

しかし昨日ブログに書いたみたいに
今回なんかもうほんまに仕事がしんどくなって

てか仕事自体はそうでもなくて

会社がしんどくなって

はぁぁぁ~もうまじでいややねんけど!

って
家でもため息しきりやったんです。

相談相手はいつもムスメ

ムスメが家に帰ってきて

ムスメ
ムスメ

あれ、どしたん~?

って言われて

makko
makko

今日はもうな~

忙しすぎてヤバかってん。

アレコレやらなあかんことが多くて

お昼食べに行く時間もなくて

トイレすらなかなか行けずで

しかも新しい人に教えなあかんくって

教えてたらもう自分のこと何もできんくなってさ・・

と話していたら

ムスメはふんふんと聞いてくれてましたね~。

まぁいつもうれしいこともしんどいことも
ついついムスメに話すんで
ムスメはびっくりするくらい
会社での私の人間関係とか把握していて(笑)

「今日はそのひと、文句言わんかったんや~」

とか

「今日もそんな感じやったんや~」

とか、いろいろ相槌をうってくれるので
私もついつい話してしまうっていう。

共感してくれたり
意見してくれたり

まぁ貴重な相談相手ですね。

目下のところムスメが一番。

ムスメってのは
優しいんだけど
ムスコのような優しさとはまた違うので
親のあかんところもきちんと指摘してくれて。

それがまぁ的を得ているっていう。

私も母に相当きついですが
ムスメもきついときはきついというか

ムスメ
ムスメ

そりゃ、ママがあかんやろ

ってのをはっきりと言うんですね~。

絶対ムスコだったら言わないし
ましてや他人だったら絶対言わないこと。

だから本当にムスメってありがたいなって思います。

ともすれば

アラフィフにもなったおばちゃんは
自分の価値観や考え方、やり方はもう
絶大なる自信があることが多いし

ましてやそれを変えることはあまりなかったりするけれど
ムスメだけはちゃんとそこを指摘してくれるから

本当にそこはありがたいなって

いつも思います。

で、今回は

今回、私があまりに鬱々していて
ため息ばっかりだったので

どうやらムスメも
さすがにいつもの感じとは違う・・・
と悟ったみたいで

ムスメ
ムスメ

そんなにしんどかったん

と聞いてくれたんで

makko
makko

もうな~新しい人に教えてたらな~疲れた!

と言ったら

ムスメ
ムスメ

わかるわかる。わかるで~。

新人がきたらな~教えなあかんしな~

でも教えてたら、どんどん自分の仕事は遅れていくしな~

ふと気づいたら、え!もうこんな時間!ってなるしな~

自分でやったほうが何倍も速いから

自分でやってしまいたくなるけど

でもやっぱり新人に教えて覚えてもらわなあかんしな~。

ほんま、つらいよな~

って、いつもとは違う感じの語調で
話してくれたんですよね・・・

もはや、冗談も言えないレベル、

そしてここでなにかしら「でもな」と言われたら
もうわたしゃ全然受け入れられないレベル、

ってところまできてたんですが

やっぱ、わかるもんなんやな~~・・

さすが家族、さすがムスメでした。

いや~本当にびっくりしたし、
そしてこの言葉を言ってくれたことで
めちゃくちゃ回復しましたよ。

ほんまに。

むっちゃうれしかった。

わかってもらえる、

っていうこと

共感してもらえる

っていうことは

こんなにうれしいことやったんやな!!

そしてムスメは
私が思っているよりずっと

敏感に察知できる能力と
共感力があるんだと

ちょっとびっくりしました。

大人になった、

というだけではないような。

ムスメに備わった能力なのか
彼女の経験から育ったものなのか
わかりませんが

私は本当になんか救われた気がしましたね。

いつのまにか

私が全然知らないところにムスメはおったんだなぁ~

っていう驚きと嬉しさと。

そしていくつになっても
わかってもらいたい生き物なのね人間は。

そんなことを思ったんでした。

いや、でもやっぱうれしかった。

ムスメが

「わかるで~」

と、しんみりした調子で言ってくれたその言葉が忘れられなくて。

毎晩ソファで寝落ちして
部屋が驚くほどの魔窟になってる汚女子でも
全然私よりも大人な部分があって。

いやすごいことです。

やっぱり子どもは別人格。

子どものことなんて
親は全然わかってないんだなやっぱり。

なんてことを思いながら
癒された私がおりました。

いやほんまに、ムスメに感謝っす。

そんな1月のある日のできごと。

+11

コメント

タイトルとURLをコピーしました