スポンサーリンク
スポンサーリンク

兄妹の関係から家族を思う

兄妹の関係から家族を思う こども・家族

24歳のムスコと
22歳のムスメが
仲良くて
見ていて、けっこう笑えることが多いです。

私には男兄弟がいなかったけれど
こんなもんなのかな~。

兄弟の形はいろいろなので
家族の数だけその形はありそうな気もします。

私は5つ上の姉とは
小さいころ、全然話もしたことなくて
というか、私が下すぎて
話にならん!
と姉が感じているのが感じられて
姉のことがずっと怖かったです(笑)。

私が中2になったとき
姉は大学入学となって
家を出たので
全然姉と話をすることもなく
過ごしました。

話をするようになったのは
姉が結婚してからのこと。
私が大学生のころでした。

急に話をするようになり
そこから姉との関係は
急に姉妹になった感じで

あんだけコワかった「お姉ちゃん」は
なんだったんだろう・・・
私の何が気に入らなかったんだろう・・・
と、いまなお思います(笑)。

ま、これも珍しい姉妹の形かもしれません。

ムスコからみるムスメ

ムスコにとってのムスメって
どんな感じなのかな~
っていつも思います。

ムスメが寝てばっかりで
全然勉強しないことを
心配したり
私の相談にのってくれたりして
いろいろムスメについては話をするんですが

私を抜きにして
ムスメと2人でいてるときは
いろんな話をしているみたいで

そしてだいたいケンカをするときは
小さいころからムスコが折れるというか
手加減するし我慢するし
手を出すこともほとんどなくて

お兄ちゃんやなぁ~
と思うことが多いです。

「お兄ちゃんやねんから我慢しなさい!」
とか
「お兄ちゃんでしょ!」
とか
そういうことを絶対言いたくなかったので
言ってこなかったし
だからムスメは
「お兄ちゃん」と呼ばずに
名前で呼ぶようになってましたね。

いまでこそ、冗談で「おにい~」とかいうけど(笑)。

でも、そう言わなくても
自分でしっかりと
「自分のほうが年上やから」
「妹は女性やから(男性より力が弱い)」
と認識して
ケンカしても手加減してきたのだなぁ~
と、最近よく思います。

なんだかんだ

ムスコ
ムスコ

あいつ、ほんま、性格に難ありやわ!

とか言いつつも
やっぱり一緒にいてると仲良しやし
ムスメがソファで寝ていると必ず
ムスメのほっぺをなでなでしています(笑)。

起きてるときにほっぺなどさわろうもんなら
おそろしいグーで殴られますからね!(ムスメに(笑))

やっぱかわいいねんなぁ~

見ていて思います。

なんていうかほほえましいです。

ムスメからみるムスコ

ムスメはムスコにくらべ
相当しっかりしているので

ムスコのたよんないところとか
アホな発言とかに

ムスメ
ムスメ

ほんまにおにいは大丈夫か?

とよく言っているんですが

でも結局のところ、
兄にめっちゃ憧れていて
すごく影響を受けているなぁ~
と感じることが多いです。

兄の入った陸上部に
自分も入る。
とか。

兄が進んだ理系に
自分も進む。
とか。

これはね、私も、
中学に入ったときにテニス部に入ったんですが
なんとなく、
姉が入っていたので
自分もテニス部!
って

意識してないけど決めてたように思います。

きょうだいって
そういうとこ、あるんですね~たぶん。
絶対ちゃうけども。

で、最近はもっとで
ムスコがハマっていたストリート系のファッションに
ムスメも傾倒していってて

昔、ムスコが買ったティンバーランドのブーツにあこがれたのか
次の年、自分もティンバーを買ったのと同じように

ムスコが買ったコンバースの黒のスニーカーを
自分も買ったり

ムスコが買ったトレーナーを
自分も買ったり

ムスコが通う堀江のストリートファッションのお店に
自分も通うようになり
そこで服を買うようになったり!

ムスコがシャネルの香水を買ったら
自分も買ったり

そんなんが多くなりまして!

完全に兄の影響やん!

みたいなことばっかりになりました。
もはやムスコも苦笑してますが(笑)。

あれはやっぱり
兄にあこがれてるってことなんやろなぁ~
と思います。

なんか面白いですね~。ほんまに。

大学も同じやし(笑)。

あんまおらんでそんな兄妹。
さすがに専攻は違いますけど
ムスメがムスコを追いかけている、
というのも事実としてあるように思います。

親としての気持ち

親としては
そりゃ、仲が悪いよりも
仲がいいほうがよいし

男と女となると
疎遠になるかとても仲いいか
けっこう両極端のきょうだいが多いから

できれば仲良く
将来も助け合ってほしいなぁ~
と思います。

やっぱり、家族しか勝たん。

だと思うから。

いろんなことがあっても
家族はいつも味方だし
家族がいて
自分の存在意義がしっかりと揺るがないから
外で頑張ることができる。

それもまた真実だと思うから。

いろんな形で
家族の中でも誤解が生まれたり
いろんな行き違いもあるけれど
やっぱり根本は
家族は絶対の自分の味方だし
生きている意味を感じさせてもらえる存在でもある。

そんなふうに思うので
私たち親は
たぶん子供よりは先に
この世からいなくなるわけだから

子孫が生まれるのか生まれないのか
それは知りませんが
少なくとも
私たちのもとに生まれてきてくれたこの子たちは
2人でしっかりと
家族としての絆を
それぞれがお互いに自分の家族を持っても
大事にしてもらいたいなって

そう思います。

私だけじゃなくて
ムスメにとっても
ムスコにとっても
兄妹が
一緒に住むのは
もしかしたらもう来年3月で
終わりなのかもしれず

そう思うと
本当になんというか
大事な大事な22年間だったなって。

それを思うだけでも
また涙が出るっていう

家族って本当に
かけがえのない存在ですね。ほんま。

兄妹
一緒に生活し
過ごした時間を忘れずに
生活する場所は別々になっても
お互いを大事に
一生を生きていってほしいと
切に願うのでした。

そんな秋です。


+10

コメント

タイトルとURLをコピーしました