スポンサーリンク
スポンサーリンク

イライラしすぎた1週間

イライラしすぎた1週間 仕事

相変わらず忙しい週末でした。

はぁ~ひと息つく間もありませんぜ(笑)。

今週はもう、
「姑か!」
と思うほどに
感情むき出しで仕事をした週でした。

私が珍しいねんでこんなん(笑)
基本、人にモノ申すことができないたちなんで
怒ることとか
機嫌悪くなることとか
ないんです。
いや、出さんのです(笑)。

でもね~今週はもう
おいおいヤバいって!
っていうくらいに
相手に対して感情むき出しで
だんだんヒートアップしたりして

私はほんまに

器が小さい!

を実感しました( 一一)
いやほんま。

相手はさぞかし怖かったと思うで(笑)

いらいらは自分の中で伝染する

いやしかし。

なんだかんだ愚痴の多いワタシなんですが
まぁここではそんなに愚痴ってないつもりですが
思い返せばけっこう愚痴っていたりする(笑)
ほんまな、精神修行が足りませんのです。
50歳すぎてなお!!!
どうすんねん!!!!

でも今回、
これまでないほどに怒りまくって
わかったのは、

イライラは伝染するってこと。

それはもうなんていうか
気持ちの余裕のなさが
どんどんひろがって
あっちもこっちもそっちも
全部気になってしまうということ!

驚くほどに。

怒りの対象ではない人たちに対しても
なんであの人は、すぐに動かんの?
なんであの人は、わかっているのにあの行動なん?
なんであの人は・・・・

って思ってしまうんです。

普段何とも思ってないようなことでも
全部・・・・

自分のものさしがあって
自分のものさしと
人のものさしは違うから
イライラするのは
自分のものさしでしか見ていないから

人はそれぞれ
自分のものさしで生きているわけだから

本当にやるべきことをやっていない」のと
ただ、やり方が違う」のと

その違いがあって
後者は「他人の問題」でなく「自分の問題」なのだということを

いろんな経験の中から
わかるようになっていたのに
結局そこもまたもとにもどって

すべてイライラする!!!

子育て初期と同じで
自分の思い通りになっていない」だけのことやのに
イライラしてしまう!!!

こりゃーもう自分でも認識するほどに
ヤバイです。

もはや自分以外のひとや現象すべてに
イライラするっていうやつ!!!

いらいらは人にも伝染する

そしてそれは、自分の中でのイライラが
どんどん拡大していくって話ですが

それだけじゃなくて
私自身の中をとびこえて

イライラは周りにも伝染していくことに
ほどなくして気づきます。

つまり、イライラという空気を自分が出すことにより
(出しているつもりはなくとも)
まわりもなんとなくぎすぎすし
周りの人たちもなんとなく
ニコニコできず
いらっとする回数が増えるっていう悪循環・・・・

笑顔が伝染するのと同じで
仏頂面も伝染するんですよね。

こりゃもうどうすりゃいいのか
てかどうしようもないっす。

もうその根源を止めるしかない、

つまり、自分がイライラしている原因を究明し
自分でどうにかして
そこから放たれるしかないっていう
そこですな!!

まぁそれができりゃ苦労はしないぜってとこなんですけども。

はぁ~ほんま。

しかしながら、イライラすることの弊害は
こうやって広まっていくんですね~
実感しましたです。

まじでヤバイ( 一一)

笑顔が伝染するよ、はわかっていたのに
その反対はわからんかったんかい( 一一)

つまりのところ

あったりまえの話ですが、
イライラして
ええことなどひとつもなく
まぁマイナスでしかないということです。

じゃあどうすればよいのか!

人に対してイライラしている場合。

やっぱり。

人は変わらんのですよね。
ましてや、自分がどうにかできる
なにかを変えられるというようなことなどひとつもない。

我が子だってそうやのに
他人ならなおさらのこと。

ならば自分が変わるか
自分の気持ちの持ちようを変えるしかない。

結局、いつも思ってるところにいきつくんです。

わかってるんですよ、頭では。

明日からは、
これをしかと心に留めて
自分の気持ちをうまくもっていきながら
対応していかなあきませぬ。

できるできる、私ならできる。(暗示)
やる気よりその気。

そうもいってられないようなことが
月曜からいろいろありますが
自分の精神状態を保つため
わたしゃ、いろいろ試してみることを決意しております!(^^)!

だってもうアラフィフやで。
いろんな経験もいっぱいしてきたんやから
少々大人になって
やってくことも大事ちゃいますか。

はい。明日からは、試練の1週間、
でも、きっとどうにかなる1週間。
がんばるしかございませぬ。

+9

コメント

タイトルとURLをコピーしました