スポンサーリンク
スポンサーリンク

50代、これからどう生きる

50代、これからどう生きる 自分のこと

今年54歳になります。

はや!!

てかまじか!

本当に毎年思うけど、

50歳になってからというもの
40代とは全然違って
自分の年齢めっちゃ感じてます。

やっぱ、50代って
だいぶだいぶちゃう?

若者からしたら
オソロシーんちゃうかとか
おばちゃんが何を言うてんねんと思うんちゃうかとか
いろいろ思います(笑)

いや~昔の私からしてもそうやったからな!

50代の自分に思うこと

なんかね~
以前とちがって
新しいところに入っていくとか
まぁセミナーを受けるでもそうやし
なにか教室に入るもそうやし
なにかしらやろうとしても

makko
makko

でもさ、そこに50代っておんの?

って思ってしまうんです( 一一)

たとえば、キンコン西野さんのオンラインサロンに入ってますけど
サロンメンバーに50代ってどんだけおんの?

とか

両学長のリベシティに入って勉強したいけど

そこに50代女性おんの?

とか

思ってしまってなかなか行動できんかったりする( 一一)

自分でもびっくりやねんけど。

こういう思考はこれまであんまりしなかったんでね~。

40代まではおっても50代はどうやろか・・とかね( 一一)

先日、知り合いに
転職の相談されて
年齢聞いたら39歳( 一一)

makko
makko

最後のチャンス!

絶対後悔ないようにチャレンジし!

って言いました。

もはや考える余地なく
頭の中からもう勝手に言葉が出ていく感じでしたよ( 一一)

ま、転職については、
辞めてしまってからさがすんじゃなくて
(よっぽどしんどい場合を除く)

決まってから辞めたほうがいいで!!!!

というのは、持論として伝えましたけどね( 一一)

在職中の転職活動はタダやから。

それに、口約束で、
「うちにおいでや」と言ってくれるひとがいても
実際にとなると、いきなり手のひら返しの人もおるしな( 一一)

ハシゴはずすひと、どこでもおるでしょ?

それにやっぱり、40代以上になってからの転職はキツイ。

もちろん全然不可能ではないけど、
どれだけ経験と実力と人としての魅力があるかにもよると思うんですよね~。
それが備わっている人なら
むしろそっちのほうが自分らしく生きられる選択肢にはなると思うけど。

たとえば、採用とかしていても、
いまだに経験ばっちりの50代男性とかも来たりするけれど

そりゃ、やっぱりその人はよう採らん( 一一)

どんだけできるかしらんけども
20代30代の多い職場で
ひとりだけ50代しかも男性とか!

しかも経験があるなら余計に使いづらい・・!

だから今やで~って。

ま、そんなこんな話をしていても
50代っていう自分に

ちょっと愕然とするわけです。

50代はちょっとな、とか言ってるけども

アンタも50代やで!

って( 一一)

しかしそんなときに出会うのは

それがな!!!

そういう自覚をし始めたときやというのに
なんか~

同級生たちが
けっこうチャレンジしたりしてるんっす。

いやほんまに。

こんな私に

何を言うてんねん!

人生もうあきらめるんかい?

と言われてるような気がします。

1人は、会社で同期だった男性。

会社をやめて、フリーで働く決断を。

まーじーか!

それこそ、40代までならまだ会社辞める人おったけども
50代前半で辞めるって!

すごい決断すぎてびっくりしました。

そこそこ仕事もできる人だったこともあり。

まぁ、彼ならなにかしらやるんやろうな、賢いひとやし。

って、誰もが言ってるくらいのひとで

やっぱりすでになにかいろんな仕事をやることが決まっているみたいで

はぁ。すごいな!!!

ってちょっとびっくりしたんです。

彼が新しい世界に飛び込む動機が
先輩の死だったと聞いて
ますます考えてしまいました。

人生には限りがあることを
強く意識する50代。

身近な人の死をきっかけに
後悔のない人生にと
いろいろ考えたんだろうなぁ・・・とね。

そしてもうひとりは、

大学の同級生だった子。

キー局のキャスターという花形の職業に就いていながら
アラフィフになってから、
早稲田の大学院に通い、卒業して
そしてこのたび、テレビ局を辞めて
大学の客員教授になるという!!

いやまじで!

大学時代から、
本当にパワフルな子だったけど

そのまま今も持続してるのねと思うと

もうすごく刺激を受けました。

彼女がSNSに書いていた言葉。

いくつになっても人生は変えられる。
強く願って、準備すれば叶う。

そう思ってます。」

って。

いや確かにな~。

でもすごい。すごすぎる。

50代などオワコン(笑)って言ってた自分はどうよ!!( 一一)

って余計自己嫌悪に陥ったりもする今日このごろです。

でも、純粋に、この2人の門出はスゴイと思うし、
応援したいし

自分もまだまだ、何をやっていこうかと
考えられるのだと
思っていいのだと
思わせてくれました。

子育てを終えて自分の人生をどう生きるか

子育てはまだ終えてないような感じでもありますけど(笑)

でも、やっぱり子育てをほぼ終えて

これからの人生をどう生きるか。

それは常に考えています。

かといって、なにか新しいことをするということばかりが
素晴らしいわけでもなくて
「今」が将来につながっているとも思います。

今の仕事は嫌いではないし好きだなとも思う。

でも、楽しくて仕方ないかというとそうでもない。

なんとなくぬるま湯の中につかる
安定の中に安住しているような
そんな気がする日々でもある。

いったい私は何者なのか。

そんなことを思うことが多くなりました。

もちろん。

なにかを生み出すことばかりがスバラシイことではないし

やりがいのある仕事をする幸せもあれば
ただ、大好きな本を読み、映画を観ることを
たらふくできる時間があることが幸せなのかもしれないし

幸せのカタチは人それぞれだろうなと

そういうことをしみじみ考えられるようになるのもまた
アラフィフなのかもしれないな、
なんて

とりとめもないことを考えることが多い今年の春なんです。

正解。マジでないですね。

誰しも、自分の経験の中のものさししかないもんね。

まずは今日の幸せが将来につながる。

それだけは確実なので、
まずは今日をたのしみながら生きることを
大事にしたい
という

そんなありふれた結論に至りました。

これからどんな人生になるのやら。

+13

コメント

タイトルとURLをコピーしました