スポンサーリンク
スポンサーリンク

いやもうやっぱり、80代どう生きよ。

いやもうやっぱり、80代どう生きよ。 出会った人

むっちゃ眠いっす。

誰か助けて~

結局仕事で帰るのが23時前とかなってて( 一一)

そんなん24時までに寝るとか無理やし!!

しかしここのところ
ムスコもムスメも
同じような時間に帰ってきます( 一一)

みんなお勉強してるのだそうで。

ゴハンも作ってないけども
とはいえ洗濯はしなあかんし・・・

といろいろやってたら
時間は午前2時半・・・

ソファでうとうとでもしようもんなら
ハッと気づくと3時はまわってます( 一一)

朝6時起きとなると

もはや寝たんかどうかわからんってやつです( 一一)

足が不自由になること

突然ですが母の話です。

歩くことができないとなると
やっぱりどうしても外出が難しくなり
買い物すら行けなくなります。

以前、ケアマネさんには
駅近のマンションを勧められていたけれど
やっぱりいくら駅近で
外に出たらすぐにお店があるといっても
我が家から離れるのはいやなんやねぇ。

しかし、我が家のまわりには
スーパーがなく
結果として、
母は買い物も行けないって状況です。

基本、日用品も
コープの宅配で買っている模様です。

そしてびっくりは
美容室も歩いて10分くらいはかかるので
いつからか、
近所の、昔からある理容店に行くようになり!!

すごいおじいちゃんに
髪の毛をカットしてもらっています。

私が美容室まで送迎していたので
悪いと思ったんでしょうが
それにしたって
いやそのカットどうよ!
って感じです(笑)

でも、顔そりしてくれるから気持ちいいねんて。

近所のおじいちゃんおばあちゃん
(そこはおばあちゃんもいてる)と
仲よくなれるならそれもよしなのかも?

でも、「こんなとこに理容店」っていう
昔からある理容店で
お客さんいてるとこあまり見たことないけど
こういう需要があるということなのか(笑)。

いずれにしても
けっこう元気でも
足が不自由になると
こういう生活になるんやなぁと思います。

そういえば、また元気なおばあちゃんが

以前本屋でみかけた
元気なおばあちゃんの本

本

この1冊の方は
お孫さんがyoutubeで
おばあちゃんの生活を発信していると
紹介したんですが

もうひとりのおばあちゃんも
Yahoo!ニュースで見つけました。

こちらのおばあちゃん!

Twitterされてるのだなぁ~!!!

元気!!

ステキです。

デジタルが使いこなせるってすごい。

やっぱりこういう高齢の方は
我々世代にすごくひびきます。

昔の60代70代って
すごくおばあちゃんおじいちゃんだったけど
今は本当に若くなって
60歳とか全然仕事も現役でいけるし

でも、身体が元気になったとて
中身がずっと昭和やんか!
みたいな人もいてるわけで

新しいものを追いかけるのがスバラシイわけではないけど
新しいものが自分たちの老後を変えてくれることもある。

それは、心に留めておきたいなと思います。

54歳どう生きる

そう。

この方たちに比べたら
私は30歳若い。
30歳て!

ここで、デジタルわからんなぁ、
と言うてるわけにはいかんのです。

会社も大きく変わっていくとき
ギリ、まだ引退前になっちゃってますから( 一一)

そして、会社を引退したとて
どこまで生きるかわからんわけで
病気や事故で死んだらどうしよう
は、いつの年代だってあるわけですけど
それでもやっぱり
10年後に生きていたとしたら
楽しく人生を送っていたい
と、それは思いますもんね。

時代についていかなくともよいが
時代を活用できる力は持っていたい。

そんなことを思うおばあちゃんたちの発信なのでした。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         

+8

コメント

タイトルとURLをコピーしました